接続

アイウォレット(IWALLET)の出金方法まとめ!手数料や日数はどのくらいかかる?

実際の出金時アイウォレットスロット - 4458

iWallet(アイウォレット)で出金できるオンラインカジノ一覧

オンラインカジノからiWalletにお金を移したらお次は手元に出金する作業ですね。 iWalletの口座から出金する方法は ユニオンペイ、収納代行サービス(日本)、国際銀行振込 の3種類から選ぶことができます。 iWalletの出金方法として便利なのは、 全国の銀行ATMから現金を引き出せるユニオンペイ でしょう。 ユニオンペイを発行すると 月額の維持費やユニオンペイへチャージ・ATM取引を行うたびに手数料が発生する、出金限度額が低い というデメリットがありますが直接銀行ATMから引き出せるのはiWalletだけなので手軽に勝利金を引き出したい方におススメです。 収納代行サービスと国際銀行振込の違いは、 iWalletと提携している国内銀行から振り込まれるか通常通り国際銀行を経由させて振り込まれるか の違いとなります。 収納代行サービスは日本国内に限定した出金手段のため円のみの対応となり、国際銀行振込は複数の銀行を中継するため手数料と日数がかかります。状況によって使い分けるのがいいでしょう。 勝ち金を引き出すため、まずオンラインカジノからiWallet(アイウォレット)に払い戻しを行う必要があります。こちらのページでは例として カジノシークレット からの払い戻し手順を説明していきます。 収納代行サービスは出金まで数日を要しますが、1回あたりの出金上限が50,ドル 約万円 と高く設定されています。 一度の出金が高額になる方は収納代行サービスが便利 です。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ecoPayz は イギリス発の電子決済サービスです。大半のオンラインカジノにて入出金に対応 しているため、アカウントを持っておくとさまざまなオンラインカジノに使えて便利です。 オンラインカジノ用の電子決済サービスに、セキュリティの強度を求めるならiwalletを利用すると良いでしょう。 さらに、送金手数料は無料なので電子決済サービスを使う負担も少ないです。世界主要の通貨6種類に対応しているので、オンラインカジノで頻繁に遊ぶことが多い方は、口座を作っておいて損はありません。 特徴は何と言っても 日本の口座に直接送金できるため、手続きが簡単で手間にならない ことです。普段から使っている馴染み深い方法なので、手続きが面倒な方や今までと同じやり方を好む方におすすめです。また、出金する金額がそのまま銀行口座に振込まれるので、他の方法と比較すると引き出す手間は少ないと言えるでしょう。

送金手数料無料!世界主要6通貨に対応

アイウォレットの入金方法は6種類ありますが、入金時の手間や出金時の制限などの条件を比較した、結果カジペディアスタッフは 「国内銀行振込(日本)」の入金方法が一番良い! という判断になりました。 特に注意して欲しい点が「 入金時にアイウォレット口座番号を記載しなければならない 」ことです。 もしメッセージ欄が無かったり、ATMからの入金でアイウォレット口座番号を入力できない場合は、入金時の口座名義(依頼人名)の後にアイウォレット口座番号を追記します。( 例:ヤマダタロウ IWL )。 今回カジペディアスタッフは、自分の三菱UFJ銀行からアイウォレットへ 12,円を入金 しました。 入金時に手数料円がかかりましたが、これは自分の負担になります。 入金反映までの期間は3営業日以内と案内されていますので気長に待つ予定でしたが、今回は 24時間以内に入金が反映 されました! 残高を見ると、「 JPY 11, 」となっています。これは「11,円の残高がある」ということになりますので、無事に入金が確認できました!!

高セキュリティで安全かつ簡単に口座開設できる!

無事に入金を済ませ、オンラインカジノをプレイするうちに勝利金がでてきたら、いよいよ出金することができます。オンラインカジノをプレイしていてもっとも嬉しい瞬間です。 入金同様出金にも多少手続きが必要になりますが、賞金を手にするためなら頑張れますよね。 この中でも、入金と出金の両方に対応したecoPayzなどの電子決済が、現在は主流となっています。 他、銀行送金による口座への直接の出金や、ビットコインでの出金に対応しているオンラインカジノもあります。 オンラインカジノの出金においては、入金で利用できたクレジットカードは出金では一切使えません。 そのためクレジットカードで入金した人は、代わりに別の決済方法を選ぶ必要があります。

ディスカッション