接続

マカオよりもシンガポールのカジノで社会的距離がより大きな長期的影響を持つ ラスベガス・サンズ

アジアカジノマシン - 32776

株式会社バンダイナムコアミューズメント

G2Eアジアの開催は今年で9回目。例年、G2Eアジアでは、世界的スロットマシン機器メーカーをはじめ、システム、サービスまで、幅広いジャンルの出展がみられるのが特徴。 主催者によると、今回の出展者数は約社、来場者数は過去最高となった前回からさらに1割増となる9千人を見込んでいるという。 今回のG2Eアジアについては、日系各社による出展も目立つ。日本に本社を置く企業では、セガサミーグループのカジノ機器メーカーとして年に設立されたセガサミークリエイション、エイビック(遊技機部品)、ゲンダイエージェンシー(広告代理店)。 また、海外法人を通じて、JCMグローバル(紙幣計数機)、アルゼゲーミングマカオ(カジノ機器)、エンジェルプレイングカードマカオ(トランプ)、コナミオーストラリア(カジノ機器)、マツイアジア(カジノゲーム用品)、ソニー香港(映像機器)、キヤノン香港(複写機)などが趣向を凝らしたブースを展開していた。 中でも、ひと際巨大なブースを展開するのが、昨年に続いて2度目の出展となるセガサミークリエイション。同社が開発した大型電子カジノマシンシステム第1号機「シックボー・ボーナス・ジャックポット」、第2号機「エキサイティングバカラ」のデモ機展示を中心に、世界的に知名度の高いキャラクター「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のステージショーや「UFOキャッチャー」体験など、来場者が楽しめる仕掛けを盛り込み、大きな注目を集めた。 同社によると、今回は出展の狙いについて、カジノ運営会社に対するリアルな営業の場としていきたいと意気込む。 セガサミー里見会長直撃「俺はカジノオペレーターになりたい」 記者は、会場を視察に訪れたセガサミーグループ里見治会長を直撃することができた。 昨年の初出展からおよそ1年、カジノ運営企業からの引き合いもあり、具体的な商談段階に入ったというが、現場にはスピード感を持って実績を作ること、投資に見合った利益を生み出す機器の開発をするよう檄を飛ばしているという。 注目されるセガサミーグループのカジノIR分野における新規事業の将来展開については、「俺はカジノオペレーターになりたい」との本音を語った。 グループでは宮崎シーガイヤ、韓国・仁川のIRプロジェクトへの参画などを通じてノウハウを蓄積しており、その先にあるターゲットは日本国内という。 日本でIRが実現するなら大都市周辺、単独ではなくコンソーシアム方式が有力との考えを明かした。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。 G2Eアジア 19日開幕 日本勢存在感 セガサミー里見会長直撃「カジノオペレーターになりたい」 。

日本でも注目度が高まる、カジノ/ゲーミング業界について

ラスベガス・サンズ(LVS のロブ・ゴールドスタイン社長兼COOは、今年ビジネスが通常の状態に戻り始めると、同社のシンガポールのリゾート、マリーナベイ・サンズ MBS でのカジノ営業は、マカオでの営業よりも社会的距離措置による影響を受ける可能性がはるかに高いと警告している。 マカオでは、一旦営業を再開して、14日間の隔離措置が終了し、IVS 個人訪問ビザスキーム が復活すれば、かなり上手くやることができ、社会的距離は最小限の影響しか持たないだろう。シンガポールは、逆に社会的距離の影響を受けることになるだろう」と述べた。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。

アジア最大のカジノ見本市「G2Eアジア2015」開幕、日本勢存在感-初日(19日)

日本でも年12月15日にIR推進法が成立し、カジノを含む統合型リゾート(Integrated Resort:IR)に注目が集まっていますが、世界に目を向けるとカジノが合法化されている国と地域はを超えています。こちらでは、LT Game Japanが市場ターゲットとしているアジアを中心に、カジノ・ゲーミング業界を取り巻く環境についてご紹介します。 日本では、年12月にIR推進法(特定複合観光施設の整備の推進移管する法律)が成立しました。「カジノ法」と呼ばれることの多いIR推進法ですが、カジノを含む統合型リゾートの整備を目的にした法案で、「Integrated Resort(=統合された) Resort(リゾート)」の頭文字をとったものです。 その内容は、「IR区域を認定し、マカオやラスベガスのようなカジノを含んだ観光施設を整備しましょう」というもの。そこで国内でもカジノに注目が集まっています。ただし、これから法整備を進める段階なので、東京オリンピック後の年頃から本格化するのではないかと考えられています。日本でもカジノが開業できるようになれば、ゲーミングマシンの需要は急激に増えることが予想されます。そこでLT Game Japanでは、先駆けて日本独自のコンテンツを活かしたゲーミングマシンの開発を進めております。 また、カジノが合法の国と地域はを超え、カジノ施設は4,以上、アジアだけでも以上が営業。近年はフィリピンやベトナム、シンガポール、マレーシアなどのアジア圏でカジノ施設が多く誕生しています。LT Game Japanは、このような東南アジア諸国のカジノ市場をターゲットに、アミューズメント性・エンターテイメント性に優れたゲーミングマシンを供給していく予定です。

G2Eアジア2015 19日開幕 日本勢存在感 セガサミー里見会長直撃「カジノオペレーターになりたい」

Korea Europe U。 English Chinese sitemap。 Top 会社案内 沿革。 会社概要 沿革 社長ご挨拶 静岡工場 Matsui Group アクセス。 設立 11月 MATSUI EUROPE LTD。 がElixir Group Limitedと韓国内における代理店契約 6月 『Global Gaming Expo Asia』に出展(マカオ) 8月 福岡営業所が福岡支店に昇格 『Australian Gaming Expo』参加 10月 M・G・M WORLD CO。

ディスカッション