接続

「セガサミー」はゲームソフトが好調 ぷよぷよオンラインゲームも話題に

ゲーム大会セガサミー日本カジノ - 16805

パラダイスシティオープンにさきがけ、「日本のカジノファンの集い」開催します

IR法案が年に可決され、将来的に日本国内で大々的なカジノ事業が始まることは、すでにほぼ確定しています。日本は賭博行為(ギャンブル)を禁止していて、公営ギャンブルだけが例外的に認められる賭博行為で、それ以外は名目上存在していません。 しかし、「日本におけるギャンブル」というとやはりパチンコ、パチスロが筆頭でしょう。あくまでも「遊技」という位置づけでギャンブルではないという認識のグレーな存在ですが、これを除いて日本のギャンブルを語ることはできません。 そんな分野でトップクラスのシェアをほこる セガサミーホールディングス セガサミー はすでに韓国でIRの運用を行っており、日本国内でもIR運営企業(IRオペレーター)として名乗りを上げる準備をしているようです。セガサミーに関する情報をご紹介いたします。 引用元: 仁川国際空港近くに誕生した統合型リゾート施設「パラダイスシティ」 | 韓国観光公社。 今、日本のパチンコ、パチスロメーカーは次々「 カジノ用筐体 」を開発、発表しています。これまでホールで活躍していた機種をコンセプトにしているものも多く、カジノ解禁からプレイヤーの流入が見込めるような魅力あふれる筐体をリリースすることに躍起になっていますが、その点では国外でいち早く実践しているセガサミーが一歩抜け出している形です。 すでに積極的にIR、カジノ関連に参入しようとしているセガサミーですが、先日行われたイベントでは、会長の里見氏より ・大阪のIRに関して、「当社は関東の企業でもあるため、大阪でのIR開発に向けて積極的に取り組むかは、もう少し様子見をしながら慎重に考えたい」と返答。 ・IR事業のパートナー選びや投資規模について「首都圏IRのエクイティ部分がいくらになるかは分からないが、トップシェアを取りたいという思いがある」と返答 されていたようです。 年11月30日開催セガサミーマネジメントミーティングに関する主な質問 年12月現在、IR誘致に関して大阪が最有力、次に東京お台場や横浜山下公園が候補に挙がっていますので、後者の方に深くかかわる形で今後のプランを描いているのかもしれません。 引用元: セガサミーホールディングス。

G2Eアジア2015 – セガサミークリエイション 小口久雄社長インタビュー(2)

セガサミークリエイション 小口久雄社長=G2Eアジア会場にて撮影。 セガサミーグループのカジノ機器メーカーとして年6月に設立されたセガサミークリエイション。昨年マカオで開催された国際カジノ見本市「G2E(グローバルゲーミングエキスポ)アジア」に初出展し、会場をアッと驚かせるド派手な大型マシンをお披露目して話題をさらった。 その後、同社カジノマシン第1号機「シックボー・ボーナス・ジャックポット」は、ヴェネチアンマカオカジノへの参入を果たした。先月(5月19〜21日)開催された「G2Eアジア」では、第1号機のほか、第2号機「エキサイティングバカラ」の展示、開発中の「トリプルホイール(仮称)」の映像紹介を通じて開発力をアピール。 販売拡大を目指し、会場中央にイベントステージ付きの大型ブースを展開。あらためて大きな注目を浴びた。 同社を率いるのは、セガを代表する数々のヒット作を生み出したゲームクリエイターとして知られる小口久雄社長だ。 世界の強豪ひしめくカジノマシン市場にゼロから挑む決意はいかなるものか、そして勝算はいかに? G2Eアジア会場にてお話を伺った。 自社マシンの競合優位性? 当社マシンの開発の根源は、アーケードゲーム機にあります。当社のスタッフはゲームを作ってきたスタッフですから、ギャンブルマシンを作っているという概念はあまり持っていません。 真剣にお金を賭けさせる事でも、単に効率よくお金を使わせる事でもなく、とにかく、大人が心からドキドキ、ワクワクする『遊び』を追求している。 例えば、第1号機の「シックボー・ボーナス・ジャックポット」なら、画面の背景デザイン切り替え、実際のテーブルを囲んでいるような俯瞰目線で他の参加者がどこにかけているのかが分かる機能、一定金額をベットすると自動でジャックポットがかかる仕組みなど、細かいディテールにこだわりました。 また、筐体デザインについても、アーケードゲームで培ったノウハウともいえる見た目のキャッチーさを取り入れています。 プレイヤーターミナル機のサイズが前回と比較して小さくなったように見える? 前回は当社として初出展ということで、ターミナル機も完全なプロトタイプでした。今回のG2Eアジアでは、実際に販売している量産機を展示しました。 今回のセガサミークリエイションブースはいかがですか? 当社のブースでは、世界的にも人気の高いゲームキャラクターである「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が登場したり、ステージ上では来場者参加のゲーム大会も開催しています。 また、人気のクレーンゲーム「UFOキャッチャー」も遊べるなど、単なるカジノ機器展示だけではなく、来場者に楽しんでいただける工夫を盛り込むことで、当社のエンターテインメント性をたくさんの皆さんに知っていただきたいです。 グループにおけるセガサミークリエイションの位置付け、期待は? セガサミーグループにおける当社の位置づけは、もちろんカジノ機器メーカーとしてグループの利益貢献をすることです。 セガサミーホールディングスとしての目標の一つには、日本国内でのIR施設に携わりたいという想いもあると思います。 将来、日本国内でIRが施行された場合には、当社のカジノマシンが「ここにしかないカジノマシン」として、IR施設に設置されるということもあるかもしれません。

ドキドキとワクワクを盛り込んだ大人が遊べるカジノマシンで世界市場へ(2)

新型コロナウイルスの影響で「巣ごもり需要」が膨らむ中、株式会 社セガは人気プロゲーマーと対戦できるイベント「ぷよぷよのプロ 選手にオンラインチャレンジ!」を5月9日から実施している。予 想以上の反響の大きさから6月末まで毎週土曜日に開催することが 決まった。 これは日本eスポーツ連合(JeSU)がプロライセンスを認めた 選手と対戦できる画期的なイベント。プレイステーション4、 ニンテンドースイッチの「ぷよぷよeスポーツ」でオンライン対戦 できる環境が整っていれば、誰でも自宅にいながら自由に参加がで きる。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

言語と地域 日本語 日本。 Android アプリをダウンロード。 iOS アプリをダウンロード。 セガサミーHD3月期決算、パチスロ販売等が好調で増収増益に セガサミーホールディングスは5月13日、年3月期決算短信を発表。それによると売上高3,億9,万円(前年同期比10。 クリエイション・セオリー 最近セガサミーホールディングスのカジノ機器を扱う子会社、セガサミークリエイションの社長兼CEOに就任したスコット・ウィンゼラー氏がIAGにアジア及び、より広い地域。

ディスカッション