接続

TEXAS HOLD'EM:このプレイの仕方は危ない!

通常時からの高配当ポーカーのブラフ - 43965

Deepstack Tournaments を 888poker でプレイする理由

の3つに分類できますが、そこからテキサスホールデム、オマハホールデム、セブンカードスタッド、ファイブカードスタッドなど…異常なまでに枝分かれしているので、ポーカーはポーカーでも、「 どの種類のポーカーなのか? 」は初めのうちに覚えておくことをおすすめします! ここでは日本でもっとも馴染みのある「 5ドローポーカー 」を例としてあげますが、ポーカーにはいろいろな種類があり、その種類によって進め方やルールが異なるので注意してください。 役の解説はこの先でしますが、ここでは同じスート(マーク)を5枚揃える「フラッシュ」という役を狙い、「 7」を捨てる選択をします。 あとは新しいカードで がくればフラッシュの完成です。 以下は一般的にプレイされるポーカールール(5枚から1回交換する)での役を解説しています。 テキサスホールデムポーカーの役について はこちらです。 日本国内では「 ロイヤルストレートフラッシュ 」という呼称が一般的で、ポーカーでは 一番強い ハンドとなりますが、確率を見れば分かるとおり狙って完成する役ではありません。

このトーナメントとの相性

キャッシュゲームを好んでプレイされる方であれば、Deepstacks はトーナメント上流ライフへの切符です。より大量のスターティング・チップスタックとより長いブラインドレベルがキャッシュテーブルでのプレイと非常によく似ています。キャッシュゲームを好んでプレイされる方は 回程度のビッグブラインドでプレイされることが多く、トーナメントは通常、平均して 20 ~ 50 回のビッグブラインドで進行ます。Deepstack Tournaments は若干キャッシュゲームと トーナメントポーカーが混ざったようなゲームで 、より多彩なプレイが楽しめます。 Deepstack トーナメントの大きな相違点: 1 プレイヤーは通常よりもかなり多めのチップ枚数 大抵は 以上 でプレイを開始し、 2 ブラインドは通常よりもかなりゆっくり 15 分以上 とレベルが上昇していきます。このことにより、ゲームの最中はよりスローで、deep stack なプレイが楽しめます。

ディスカッション