接続

オンラインカジノは合法か?違法か?問題に結論!【5分でわかる!】

はじめ方合法オンラインカジ - 54293

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

出典: スマートライブカジノで遊んでいた日本のオンラインカジノプレイヤーが逮捕された件をまとめてみた。 カジノナビ。 出典: オンラインカジノの利用客で初の逮捕者 必要的共犯の解釈がポイント カジノIRジャパン見解   カジノ IR ジャパン。 日本で運営されているオンラインカジノという訳では無く、イギリスで合法的に運営されていたオンラインカジノで遊んだ、日本人プレイヤーが逮捕され、何故、スマートライブカジノだったかというと、日本の夕方から深夜という日本在住の日本人が遊びやすい時間に、日本人のディーラーとチャットなどを楽しみながらオンラインカジノが提供されていたから。 「スマートライブカジノ」=「実質的に日本在住の日本人向け」 こう断定され、クレジットカードの入金履歴や、スマートライブカジノでのプレイ状況をチェックし、賭博が行われた事を確定したらしい。 沢山のオンラインカジノ情報サイトによると、スマートライブカジノというオンラインカジノは、日本人ディーラーや一緒のテーブルに入った、他の日本人プレイヤーとチャットで楽しく会話をしながら、オンラインカジノで遊べるというのが売りだったようです。 更に、一緒のテーブルに入った「他のプレイヤーの賭け状況が全て見える」というのも「ランドカジノの様に遊べる」という事で人気のポイントだったようです。 このスマートライブカジノの「売り」が結局のところ、逮捕される決めてになったと予想できます。 何故なら・・・ ・オンラインカジノには、もっと大手が沢山ある。 (売上額・プレイヤー数においてもスマートライブカジノは小さい) ・日本人に遊びやすくしすぎた事が逆に「日本人限定」になった。 (他のオンラインカジノは世界中のプレイヤー向け) ・他のプレイヤーの賭け状況が見えた事で賭博行為が公開された。 (例えば、取り締まる方々が、プレイヤーとして入った場合に、しっかりと賭博行為が実際に行われている事がわかる。これは、youtubeなどで、車で高速で走った行為(証拠)をアップして、後でスピード違反で捕まった人と同じ様な物ですね。) ・クレジットカードで簡単に入金できた。 (クレジットカードで簡単に入金できた事で、簡単に入金履歴と、遊んでいる状況の付け合わせができた。) ・ブログでプレイ履歴を公開していた。 (逮捕された3人の方は、自身のオンラインカジノプレイ履歴をブログで公開していたようです。) プレイしている現行が見えて、そのプレイへの入金履歴もクレジットカード会社からとれ、自身のブログでも実際のプレイ行為が発表されている。 完全に「入口」から「出口」まで押さえれたという形です。 今回の国内初の無店舗型カジノの利用者が逮捕されるという事件には、多くの注目が集まっていました。逮捕した京都府警も、大きな話題にしようと沢山のメディアに情報公開してニュースにしていました。 「逮捕」=「有罪」ではない。 逮捕時点では、容疑をかけられただけですから、「有罪」となった訳ではありません。なので、世間の興味は、当然「裁判の結果」での「オンラインカジノに対する判例」がどうなるのかという事に移りました。 弁護士の方々の意見は、法律の専門家なので、とても参考になるので、まとめます。多くの方が、「賭博罪に問われるが、必要的共犯が無い状態」での逮捕から、裁判での有罪・無罪の確定までに注目しているようでした。

オンラインカジノは違法な賭博にあたるのか?

Beginner course 入門コース。 大手の オンラインカジノ は、各国政府や自治領からの運営許可証(ライセンス)を受けてオンラインギャンブルが合法とされている海外で運営を行っています。つまりオンラインカジノの運営会社の存在自体にはなんら違法性はないのです。 NetBanQ 事件ではプレイヤーが家宅捜索を受け、スマートライブ事件では逮捕者も出ています。そして、ほぼすべてのプレイヤーは自ら罪を認め略式起訴を受け入れています。ドリームカジノ事件は運営会社が国内にあったという事件であり、意味合いが違います。 しかし、実はオンラインカジノをプレイしたことが罪ということを認めず、略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーがいたのです。そして、 結果的には不起訴(無実)を勝ち取っています。 私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき, 不起訴を勝ち取ったのである。

ディスカッション