接続

カジノ旅行前の予習に必読!知っておきたいカジノのマナー・ルール・禁止行為まとめ

使い方ecopayzマレーシアのカジノ - 20599

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

隣国・シンガポールが海沿いのリゾート地でカジノ開発を行ったのに対し、 マレーシアは熱帯雨林に囲まれた高原リゾート「ゲンティンハイランド」内に「カジノ・デ・ゲンティン」を建設 しました。これは 世界で唯一雲の上にあるカジノ だと言われています。 ちなみに 首都「クアラルンプール」の正しい区切り方は「クアラ・ルンプール」(略称:KL)です 。クアラルンという名前のプールがあるのかな~って勘違いしている人、絶対多いですよね(笑)。 マレーシアと関わりが深い国といえば、シンガポール です。シンガポールはマレー半島の先っちょにある島が独立してできました。年現在、シンガポールは世界4位の金融都市です。一方のマレーシアは、今も豊かな自然が残る国です。 といってもあくまで外交上の問題であり、戦争に発展することはありません。 経済的に密接なつながりがありますし、山川がなく水不足になりやすいシンガポールはマレーシアから水を買って橋を通じて送ってもらっています 。 ゲンティンハイランドは、ホテル・ショッピングモール・カジノ・遊園地・ゴルフ場などが併設された高原リゾート です。クアラルンプールからバスで東へ一時間ほど移動した高原の上に建設されました。 クアラルンプールの 「KLセントラル駅」からゲンティンハイランド内施設へのタクシー運賃は約~RM、日本円換算で6,~9,円程度 です。セダンタイプかバンタイプかで値段が変わります。空港で事前にタクシーチケット(クーポン)を買うようオススメします。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

オンラインカジノの普及と合わせて、取り扱われる入出金方法も多種多様になってきています。 オンラインカジノはネットギャンブルであり、リアルマネーを賭けて勝負に挑みます。 そのため、遊びたいカジノが指定する「入出金手段」を確保するのは必須。 今回は、需要が伸びてきている電子決済サービス「iwallet(アイウォレット)」について、見ていきましょう。 iwallet(アイウォレット)は、イギリスと香港に拠点を置く電子決済サービス会社です。 ヨーロッパを中心とし全世界に向けて事業を展開しており、現在はecoPayz(エコペイズ)に続く、利用率の高いオンラインカジノの入出金方法です。 ショッピングやネットゲームで利用できるため、海外での利用者も多く、「日本語対応」していることから、安心して使える入出金方法として、押さえておくと良いでしょう。 オンラインカジノは、カジノゲームがオンライン上で楽しめるサービスのことで合法ライセンスを取得した海外企業が運営しています。 24時間パソコンやスマートフォンからプレイすることができ、実際にお金を賭けて勝負することが可能です。 iwalletは導入するカジノサイトが増えている注目の決済方法。日本語に対応しており、スピーディな決済が行えます。 iwallet(アイウォレット)の最大のメリットは、入出金の流れが一目でわかること。 オンラインカジノのプレイヤーは、複数のカジノで遊ぶことが多いため、「どのカジノにいくら入金したか」など、まとめて見ることができるため、資金管理が容易になります。

iWallet(アイウォレット)は信頼できる?

また、マレーシアは東南アジアの中でも政治が安定しており、クスリや銃の取り締まりが厳しいことはもちろん、命に関わるような暴動もおこらない 「治安が良い国」 として知られていますが、スリといった小犯罪は確認されているため足を運ぶ際は充分に気を付けて行動しましょう。 ゲンティン・ハイランドのカジノ施設には、残念なことにクロークがありません。 ホテルに立ち寄らずにカジノに荷物を持ってきてしまった場合には、 有料のロッカールーム に荷物を預けることになります。

ディスカッション