接続

大小(シックボー)のルールと遊び方【カジノ初心者向け】

カジノを含む統合型リゾートバカラ勝ち方 - 18119

ディーラーの「学校」への問い合わせが急増

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。

石田雅彦の最近の記事

スロットやビデオポーカーなどのマシンゲームで出現するシンボルや絵柄を決定するのに用いられる、ランダムに番号を抽選するシステム。「Random Number Generator」の略称。 ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時、ブラックジャック役が完成しているプレイヤーに対して発生するオプション。イーブンマネーを選択すればその時点で同額の配当が先付される。 配当「1 to 1」。 マ行 マーカー(Marker) マーク(印)をするための道具。 ゲームによって様々なマーカーがある。ルーレットでは当選番号を示すため、バカラでは勝敗を示すために用いる。 マーキング(Marking) 自分だけが分かる傷や印をカードにつけることで、伏せられたカードでもその中身を知ることができるチーティングの一種。 マーチンゲール法(Martingale System) BETシステムの一つで、賭け金を失った直後、次回のゲームで賭け金を倍にして前回の負け分も取り返そうとする賭け方。 マキシマム・ベット(Maximum Bet) テーブルリミットの上限。 1ゲームにおける賭け金の最高限度額。 マッキング(Mucking) チップを拾い集める技法。 ルーレットなどで散乱したチップを色分けしながら拾い集める。 その人を「マッカー」と呼ぶ。 マルチハンド(Multi Hand) ブラックジャックなどで、1人のプレイヤーが複数のボックスを使ってプレイすること。 マルチハンドではミニマムBET額が変わる。 マルチプライヤーMultiplier) スロットに使われるボーナスシステムで、勝つたびに増える倍額ボーナスのこと。 ミディ・バカラ(MIDI Baccarat) ハイローラー向けのコミッション式バカラ。 ミニ・バカラ(Mini Baccarat) アメリカンバカラとも呼ばれ、少額スタイルのバカラ。コミッションが積み立てで後払いであるのが特徴。(コミッションダウン) ミニマム・ベット(Minimum Bet) テーブルリミットの下限。 1ゲームにおける賭け金の最低必要額。 ヤ・ラ・ワ ユニット(Unit) チップ額の単位の意味。 ライブ・ポーカー(Live Poker) プレイヤー同士で勝負し合い、勝った者が賞金を総取りするタイプのポーカー。 ライン・ベット(Line Bet) ルーレットのインサイドベットの一つ。6つの数字に跨って賭けるもの。 「6 Numbers Bet」ともいう。 配当は5 to 1。 リール(Reel) スロットマシンで、各種シンボルがプリントされている回転部分の名称。一般的には「3~5」リールで構成されたマシンが多い。 リターン(Return) 配当からハウスエッジを引いた払戻率または額のこと。リターンが高い程プレイヤーにとって有利なゲームとなる。 リフル(Riffle) シャッフルの一つで、両手でカードを交互に噛み合わせながら混ぜる技法。 ルーレット(Roulette) ウィールの何番にボールが落ちるかを予想して賭けるゲーム。見た目の華やかさから「カジノの女王」と呼ばれる。 レーティング(Rating) ハウスがゲストに対してつける格付けのこと。平均ベット額とプレー継続時間で決めるハウスが多い。 レイアウト(Layout) ゲームテーブル上に張られたフェルト地に賭け枠や配当率などがプリントされたもの。 レット・イット・ライド(Let It Ride) プレイヤーに3枚のカードを配り、テーブル中央に2枚のコミュニティカードを開き、この5枚でできるポーカー役に応じて配当がなされるアレンジポーカーの一種。 ローリング(Rolling) VIPのビッグプレイヤーがBETした総額に応じてキャッシュバックや、サービスを受けるためのプログラム。 ワイルド・カード(Wild Card) スロットマシやビデオポーカーで、他のシンボルやカードの代用とされるもの。いわゆるオールマイティ。 ワンツーシックス(One 2 Six Shuffle Machine) ブラックジャック用の自動シャッフルマシン式シュー。6デックまで可能。 キャンペーン情報 ベティナビ会員登録。

カテゴリー:大阪カジノのルール/遊び方

近年シンガポールや韓国、オーストラリアのように、統合型リゾート(IR)を整備することで、多くの観光客を呼び込む例が増えてきています。日本でも、訪日外国人観光客(インバウンド)を拡大する政策の一環として、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が年12月に成立しました。IRやカジノに関する内容を含むため、「IR推進法」「カジノ法」などと呼ばれることもありますが、IRの整備により地域経済を振興することや、カジノを適切に管理していくことなどを定めた法律です。 統合型リゾート(IR)というと、カジノばかりが注目されがちですが、カジノ以外にも、ホテルやショッピングモール、MICE(マイス)などが集まる複合観光集客施設がIRです。MICEは、国際会議や見本市などビジネスイベントの会場となる場所。観光だけでなくビジネス関連の集客も見込める要素となっています。 具体的なIRの整備や運営のルールなどは、年7月に成立した「IR実施法」に定められています。それによれば、IRを整備するのは当面の間、全国で3カ所。実際に開業するのは年代の半ばころになりそうです。今後、「カジノ管理委員会」が発足し、IR候補地の正式決定、IR事業者の選定といった作業に取り組むことになります。 現時点でIR建設の候補地となっているのは、東京のお台場・千葉県幕張・神奈川県横浜・愛知県名古屋・愛知県常滑・大阪の夢洲・長崎のハウステンボス・和歌山県マリーナシティなど。北海道は年11月に、IR誘致を見送る方針を決めました。自治体によるIRの申請は、年1月4日~7月30日に行われ、年ごろに建設地が正式決定する予定となっています。 それでは世界各地にどんなIR施設があるのか、カジノ解禁の歴史と共にみていきたいと思います。 カジノといえばまず思い起こすのが、アメリカのラスベガス。代表的なIRとしてはMGMグランドがあります。収容人数17,名の「MGMグランド・ガーデン・アリーナ」は、ボクシングの世界タイトルマッチが行われることで有名です。日本政府の資料によれば、ラスベガスがあるネバダ州で賭博が合法化されたのは年のことです。年代の後半から年にかけて、業界の健全化をすすめ、現在のようなリゾート施設が立ち並ぶ都市へと発展しました。 シンガポールには、マリーナベイ・サンズというIRがあります。開業は年。3棟あるホテルの屋上をつないだ、1ヘクタールの空中庭園「サンズ・スカイパーク」が有名です。メートルある「インフィニティプール」は、地上メートルに設置された屋外プールです。シンガポールでカジノが解禁されたのは、年。リゾート・ワールド・セントーサというIR施設も年に開業しています。 韓国では年に、初めて外国人専用のカジノが開設されました。現在では、ソウルや済州島など17カ所に設置されています。このうち韓国人が入れるカジノは1カ所。年に開業した江原ランドです。 ところでカジノで行われているゲームには、どのようなものがあるかご存じでしょうか。ルーレットやブラックジャックは、よく知られているかもしれません。ルーレットでは、数字や色で区別された37または38の目を予想します。カードの合計数が21に近くなるように、ディーラーとプレイヤーが勝負するのがブラックジャックです。バンカーとプレイヤー、どちらが勝つのか予想するのが「バカラ」と呼ばれるゲーム。ほかにも3つのサイコロ合計や組み合わせなどを予想する「大小(だいしょう)」などがあります。 証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。 現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。 関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。

ディスカッション