接続

【ホテルの裏情報】 宿泊客には知られたくない、カジノへ誘導するためのカラクリ。

情報カジノホテル - 41078

関連記事(一部広告)

お見積り フォームへ。 来店予約 フォームへ。 ベネチアンは、世界でも有数の規模と設備を残る巨大リゾート。水の都ベニスをテーマにした建物、贅を尽くしたインテリア、全室スイートの客室や多彩なエンターテインメントなど、どの ベネチアンは、世界でも有数の規模と設備を残る巨大リゾート。水の都ベニスをテーマにした建物、贅を尽くしたインテリア、全室スイートの客室や多彩なエンターテインメントなど、どの点に置いても間違いなく最高級のリゾートホテルといえます。 Ratings Powered by Tripadvisor。 専門別サイト テーマで選ぶ旅 ダイブナビ サーフィン旅行専門店 海外クルーズ 海外ウェディング専門店 ハネムーン新婚旅行専門店 世界遺産旅行 レーベル 海外旅行の新基準。

ラスベガス大全とは?

ここの読者にとっても、現在閉鎖中のカジノホテルがいつ再オープンするのかは、大いなる関心事に違いない。  今週は、そんなカジノホテルの動きや当局が示す 営業再開のためのガイドライン 、そして 再開後に直面するであろう難題 などを取り上げてみたい。 一ヶ月ほど前まで多くのカジノホテルは営業再開日を5月1日に設定し、宿泊予約も受け付けていた。ところがその日をすぎた今になっても、まだどこも開業していない。  そして現時点では、祝日で3連休となる 5月23日 の週末を営業再開日としているホテルが多いようだが、はたしてあと2週間ほどで開業できるものなのか。  どう考えても単なる希望的観測のように思えてしまうので、ここでは開業日の話題はあえて避けることとし、話を当局が示すガイドラインなどに移したい。 先週、ネバダ州のカジノ業界に対して絶大なる権限を持つ Nevada Gaming Control Board は、カジノが営業を再開する際に守るべきガイドラインを発表した。労働組合をはじめ、利害が絡む各方面から修正を望む声が上がるなど、まだ最終的なものではないようだが、現時点における主な内容は以下のようになっている。  なお、このガイドラインは、規模に制限のないカジノの営業免許(日本流に表現するならば甲種免許)を持つ一般のカジノに対するものであり、乙種のカジノ免許(15台までのマシンゲームしか設置が許されていないカジノ免許)を持つコンビニやバーなどを対象としたものではない。 感染防止という目的において、これらのルールで十分に安全が保たれるのかどうかの議論に関しては医療分野の専門家に任せるとして、いま現場や関係各所で議論されているのは、このようなガイドラインにしたがって営業を再開した場合、はたして客が来るのかどうか、採算が取れるのかどうか、従業員は安心して仕事につけるのかどうかといった懸念だが、どう考えても人数制限などの厳しい条件付きの営業では 前途多難 と言わざるを得ない。 ナイトクラブもスイミングプールもない退屈なホテル、3人だけの盛り上がりに欠けるブラックジャック、大勢でワイワイ騒ぐことができないサイコロ消毒スタッフ付きのクラップス、4人だけで対戦する寂しいポーカー、消毒スタッフが巡回する1台おきにイスがないスロットマシン、人しか集まることができない寂れたコンベンション、などなど。  そんな楽しくないラスベガスに、今までのように多くの人が集まるのだろうか。集まらなければ採算が取れず、採算が取れなければ営業を再開する意味がないし続かない。 だからといって安全対策を無視した再開で感染を拡大させてしまうことはだれも望むところではなく、そもそも現時点のガイドラインでも、感染のリスクを気にして仕事につくことを恐れている従業員も多いという。  特に ドアマン 、 ベルデスク など、ドル紙幣でチップを受け取る機会が多い職種の者は感染を警戒しているらしい。(アメリカはIT先進国ではあるが、チップの習慣があるためか、キャッシュレス化はスウェーデンや中国のようには進んでいない)。

カジノホテル、営業再開できてもアフターコロナの前途は多難

観光地として有名なナイアガラの滝付近にもカジノが用意されている 位なので、カジノ好きの多い国でもあるのです。観光しながらカジノプレイが楽しめるので訪れる際の参考にしてくださいね。 日本でもカジノが建設されると噂されていますが、 現在のところはカジノがないため日本人にとってあまり馴染みないもの ですよね。 ただし、 ある程度のゲームルールと英語力は必要 になるので、そこに自信がある人はぜひ試してみることをおすすめします。カナダのカジノでは保険なども充実しているのでおすすめですよ。

カナダのカジノ情報とおすすめカジノホテル7選【人気】

ラスベガスのホテルはどこのホテルも基本的には 1階がカジノ になっている。  このカジノの存在こそがホテル経営の重要なカギとなっており、その結果、ラスベガスのホテルには他の都市のホテルでは見られないユニークな特徴が隠されている。 (写真は「すべての銘柄のビールを無料で提供しています」という宣伝広告)。 ホテル経営の根底にある大原則は 「宿泊客であろうが飛び込みの通行人であろうが、できるだけ多くの人に、できるだけ長い時間カジノで遊んでもらうこと」 につきる。 この目標を達成するためには、宿泊客に対してはなるべく部屋の中にいる時間を短くしてもらい 1階のカジノフロアまで降りてきてもらうことであり、飛び込みの通行人に対してはできるだけ来てもらいやすい環境を整えることがカギとなる。  この戦略に基づいたラスベガスのカジノホテルの ウラ情報 を列挙すると以下のようになる。 なお、カジノで負けた者はしばしば「ホテル側は何かイカサマをしている」などと考えがちだが、今日のラスベガスのカジノにおいて、ホテル側が客に対してイカサマを行うようなことは断じてありえない。  そのようなことが少しでも存在しようものならそのホテルは存続できなくなるし(ただでさえホテル間の競争が激しいこのご時世、イカサマの噂など少しでも出ようものならすぐさまSNSなどで広がり、客足が遠のき倒産してしまう)、今のラスベガスの繁栄もない。  そのようなたぐいのことが唯一あり得るとしたら、ホテルの従業員が(カジノのディーラーなどが)自分の家族や友人に対して不正に多く払い戻したりするいわゆる「従業員 対 ホテル側」のイカサマであり、いずれにせよ「従業員 対 一般利用客」のイカサマはあり得ないので安心してよい。  そもそも従業員が一般客にイカサマを働いても何の得にもならない。むしろ勝ってハッピーになってもらって、チップを多くはずんでもらったほうがよっぽど得になる。

ディスカッション