接続

ラスベガスのカジノ全般の基礎知識

ラスベガス編カジノベア - 60755

関連記事(一部広告)

道中、写真を沢山撮ってきたのでおいおい紹介しますが、それにしても活気がありました。日本でも東京や大阪となれば沢山の外国人旅行客を目にするものの、雰囲気はまるで違いました。来ている客層が異なる(出身国・年齢層・貧富など)ともいえますが、気候や国柄もありますね。ボストンに留学していた頃を思い出し、 「そういえばアメリカってこんな感じだったな」 と感慨に耽りました。 さて今回は ラスベガス編の第1回 ですが、順をおってお話する前に 《総括》 をしたいと思います。まず以下は 簡単な《ラスベガスの成り立ち》 です。

はじめての海外旅行(ラスベガス編)

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。

このクリエイターの人気記事

Even more enjoyable by adding more fun improvements and squashing bugs. We also have two new KONAMI inspired slots for. You to enjoy. Question. Question. Shengshou 5 14g.

ディスカッション