接続

ナガコープがカンボジアのオンラインギャンブル停止の指示を歓迎

ライセンスカンボジアカジノ - 40188

このクリエイターの人気記事

カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。 カンボジア政府、オンラインギャンブル禁止へー中国系犯罪グループの温床根絶のため 5。 自宅からでもギャンブルを楽しむことが出来る『オンラインギャンブル』はグローバルでみると成長市場だが、カンボジアでは来年にも禁止になる。 カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。 この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。 サポートをすると、フォロワーに記事をオススメすることができます! コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

カンボジア最大のカジノを運営するナガコープが、オンラインゲーミングライセンスを発行しないようにする首相の指示を歓迎している。    フン・セン首相は先週衝撃的な命令を出し、政府がオンラインゲーミングライセンスの新規発行を停止し、既存のライセンスについては期限切れになっても更新しないことを明かした。 マクナリー会長はInside Asian Gamingに対して、「我々は少し前に、シアヌークビルにはコンプライアンスおよび規制上の弱点があると気が付いており、政府が規制環境の改善に介入し、現地の犯罪問題に対処することをうれしく思う」と語った。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。

カンボジア カジノ ライセンス 日本

とは言うものの、経済財政省金融業部門参事官のロス・ペールン Ros Phearun 氏は今週クメールタイムズに対して、カジノ数の増加は「観光客、特に中国人観光客の増加を反映している。数多くのライセンスを付与してきたが、実際に営業を行っているのは51のカジノだけだ」と話し、「残りは建設中か、営業を停止している」と付け加えた。 カンボジア政府は現在、ゲーミング業界の規制改善を狙いにしたゲーミング法、統合型リゾートおよび商業賭博の管理に関する法律 Law on the Management of Integrated Resorts and Commercial Gambling の草稿に取り組んでいる。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。

カンボジアでのカジノライセンス発行数が過去最高のに - IAG Japan

ベトナムとカンボジアの国境の街・バベット。ホーチミンから車で約90分のところ、ベトナムの国境を越えて2~3分直進するとひときわ目を引く建物が目に入ってくる。 総面積は約1万平方メートル。 日本人のスタッフが常駐しているので安心して遊ぶことができる。 カンボジアのバベット経済特区にある「ゴールデンパームカジノ&ホテル カンボジア」は日本人がカジノライセンスを取得して経営する唯一のカジノ事業会社として、年にオープンしました。プリンセス天功さんが共同オーナーとして就任している話題のカジノホテルです。建物は10階建て、客室数は75室と周辺のカジノホテルと比べると小さめですが、カジノでは、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、スロットマシン、タイガー&ドラゴン、ABC、パイゴウポーカー、1カードバカラ、ンガオハム、バトルロイヤルと多様なゲームが楽しめます。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「ニュー ワールド カジノホテル」は、年にオープンしたカジノ併設のホテルです。2つの建物からなるこのホテルは、ベトナム人カジノ客向けの作りといった雰囲気で、ホテル内にはスパやジム、免税店などもあります。35テーブルあり、7カードスタッドポーカーや、アメリカンルーレット、バカラ、ブラックジャック、大小などが楽しめます。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「シルバーワールドカジノ」は、年にオープンしたカジノです。ニュー ワールド カジノホテルのすぐ側にあります。同系列の会社が運営しています。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「ウイーン カジノ」は、室のカジノ併設のホテルです。国境付近に隣接するカジノは本場ラスベガスのカジノ名をもじったケースも多く、こちらのホテル名はWynnではなく、"Winn"です。広いカジノフロアでは、テーブルゲーム、スロット、オンラインゲームなどが楽しめます。ホテル内にはレストランやスパ、ディスコなどもありナイトライフも充実しています。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「キングス クラウン カジノホテル」は、年にオープンしたVIPルームもあるカジノホテルです。大小、ポーカー、バカラ、ルーレット、ブラックジャック等が約25テーブル、ビデオゲームが約30台、その他ルーレット1台。併設したVIPルームにはバカラが4テーブルあります。土曜の夜ともなれば、富裕層のベトナム人プレイヤーで大賑わいのようです。

ディスカッション