接続

【2020最新】動画配信システムの仕組みと構築業者選び比較のポイント3選

ライブ配信動画勝ちポイント - 32981

ライブポイント重視!でもコメントも気になる

近年トレンドとなっている動画コンテンツの販売。自身もしくは自社でも動画コンテンツを販売したい!と思ったときに、どのような販売方法があるのでしょうか。 この記事では、 動画を販売するために必要なことや、DRM Digital Rights Management:デジタル著作権管理 の重要性について詳しく解説 していきます。 動画コンテンツを販売したい場合に、最も手軽に販売を開始できる方法です。 投稿型の「販売プラットフォームサイト」に、自社の動画コンテンツをアップすることですぐに販売が可能。 他者の動画を購入した人がついでに自分の動画コンテンツも見てくれるかも知れないという集客上のメリット もあります。ただ、敷居が低い分 システム手数料を2~4割ほど引かれる点や、コンテンツの内容によっては販売自体ができない 場合もあります。 販売を手軽に始められはしますが、動画販売をビジネスとして大きく伸ばしたい、という方にとってはあまりオススメはできません。 DRM Digital Rights Management とは、デジタル著作権管理という意味です。具体的には、音声や動画のコンテンツを保護して、不正な利用・複製・流出を防ぐための技術の総称です。 コピーされると特に不都合なもの、重要性や機密性の高いコンテンツには、DRMを施す必要がある と言えるでしょう。具体的には、販売を目的とした映画や音楽、ドラマなどのデジタルコンテンツが挙げられます。金銭と引き換えにコンテンツを提供しているため、無償で拡散されることや不当に使用されることは防がなければいけません。また、販売を目的としていなくとも、社内で使用する動画コンテンツ マニュアルやセミナー・研修用動画など は、DRMでしっかりと保護をしないと、会社の重要な情報の流出に繋がりかねないため、 DRMは動画コンテンツ販売・配信において、最重要である と言えるでしょう。 動画コンテンツを販売するためには、DRMを重要視すべきとお伝えしてきました。上記でもご紹介しましたが、DRMを重視するなら、弊社の動画配信サービス「admintTV」のアップロードシステムを内包した、動画ポータル構築サービス「admintTV Biz」の利用をオススメします。 ここでは、「admintTV Biz」の特長を3点ご紹介します。 admintTVの配信プラットフォームは、Widevine、fairplay、Playreadyの、主要三社のDRMフォーマットに対応したパッケージング(動画データの暗号化)と配信をサポートしています。そのため、セキュリティは万全と言っても過言ではありません。お客さまにとって、コンテンツは大切な財産。「安心・安全な配信ができてこその、動画コンテンツ配信システム」という考えのもとにadmintTVは開発されています。だから、VODやLIVE配信など、どんな状況でも、admintTVのシステムは、お客さまの大切なコンテンツを、世界最高レベルのセキュリティで不正コピーや違法ダウンロードから守ります。 そのadmintTVに動画ポータル構築機能を加えたサービスが、「admintTV Biz」なのです。 admintTV Biz、admintTVの特長の一部をご紹介。 多岐にわたる、お客さまと視聴者のことを考えた、便利な機能がいっぱいです。 直観的で簡単な操作でできる管理画面。ビジネスでの動画利用に必要な、最新機能がそろっています。

ライブ配信動画勝ちポイント - 17228

ライブ配信でよくある失敗例と注意点

イベントなどオープン環境下での大規模配信から社内における限定配信まで、 ライブ配信 には特有のトラブルややってしまいがちな失敗があります。 ライブ配信 の運用上、よくある失敗例と注意点、そして継続的に運用効果を上げていくための検証ポイントをまとめました。 OSやブラウザ、Flashのバージョンが古く、閲覧ができないケースは、配信側・閲覧側共通でよく見られるトラブルです。特に社内配信の場合にありがちです。 ライブ配信 を始める前に、アップロードするセンター側と、閲覧側の環境を検証し、それぞれOSやソフトウエアのバージョンを最新にする、揃えておくなど、チェックと整備をしておきましょう。 ライブ配信 では、HDMI入力端子があり、ビデオキャプチャーボードがあるパソコンを用意する必要があります。これらの機能がないと、撮影動画をエンコードできません。パソコンには通常、HDMI出力端子はついていますが、HDMI入力端子はついていないものが多いので注意しましょう。

広告やマーケティング分野でも動画に注力

そんな動画配信システムですが、サービスを提供している企業はたくさんあり、どこの、どんなシステムを選べば良いか難しいですよね。 そこでこの記事では、動画配信システムの導入を検討している方のために、業者選びのポイントと動画配信システムの仕組みをご紹介します。 利用者によって、動画配信サービスを導入する目的は大きく異なりますよね。 店舗での集客、学校などでの情報発信・共有、社内での会議や研修など動画配信システムを活用してできることはさまざま。

ディスカッション