接続

あらゆる落とし物が戻ってくる国・日本 “地球最後の文明社会”と海外が感嘆

返還率世界一 - 30209

▼ アナタの海外ビジネスを成功させるために

下記の表は、経済産業省による資料 「キャッシュレスの現状及び意義」 からの抜粋となりますが、おもなキャッシュレス決済の例は以下のようになります。 出展: 「キャッシュレス・ビジョン」 経済産業省。 BIS(国際決済銀行) の統計によると、日本は総人口一人あたり 7。 次項からは、国別にキャッシュス化の現状について見ていきます。 出展: 「キャッシュレス・ビジョン」 経済産業省。 野村総合研究所 のレポートによると、韓国のキャッシュレス決済比率は世界で最も高く、年には96。 中国では、QRコード決済が主流となっており、「Alipay(支付宝)」と「Wechat Pay(微信支付)」が代表的です。日本でもインバウンド対策として続々と導入が進んでいますが、中国ではすでに主流となっています。

Recommends

更新日: 年2月27日。 落とし物を見つけたら、遺失物センターや警察に届ける?  いやいや、その考え、他国ではちょっと甘すぎるかもしれません。 場合によっては、その親切心が、あなたの身を危険にさらすかも……。 中国在住のAさんは、 「落とし物が戻ってくることはない!」と断言 。警察に届けるという習慣もあまりなく、遺失物センターという存在もあまり一般的ではないのだそうです。

現金が多い方?返却率の高かったのはどっち?

日本のキャッシュレス比率は最新のデータだと 約20% です。中国の60%、アメリカの46%と比べると日本のキャッシュレス化は遅れております。 日本政府は年までにキャッシュレス比率を2倍の40%を目指す方針 を立てましたが、日本では現金決済が一般的であり、クレジットカード決済やモバイル決済を進めようにも、消費者及び事業者も積極的ではありません。 しかし、日本国内は慢性的な人手不足に陥っており、社会としてキャッシュレス化を進めて生産性を高めなくてなりません。 また、新しいサービスを生む土台としてもキャッシュレス比率を高めることは、今後日本の経済や国民の生活の質を高める上で 絶対に必要不可欠 なことなのです。

人間の「誠実さ」を大検証!

この実験全体に使用した財布は個で、そのうちの90個、つまり約47%が戻ってきたそうです。この数字、皆さまはどう考えますか? ちなみに、財布を正直に戻してくれた人物像には、性別や年齢、その方の経済状況も何ら偏りがなかったそうです。 治安 ランキングヨーロッパフィンランド観光豆知識。

ディスカッション