機器

[フィリピン] 大手カジノのボラカイ島進出、政府が承認

ボーナスマネーボラカイ島カジノ - 25786

世界のメディアから、「バーチャル・マトリックス・タイムマシン」に掲載するために集めた面白そうな情報を紹介します。

さて誕生日ですが、今年は海外で過ごすことが出来ました。 フィリピンと台湾です。 そこでフィリピンにて感じた、日本にない成長真っ盛りの国の可能性についてお届けします。 まずはフィリピンの現状です。 人口、約1億人。右肩上がりで増えています。 平均年齢23歳。 経済成長率4〜7%を誇る 元々アメリカの植民地だったため国民の公用語は英語。 比較として日本の現状。 人口、約1億万人。毎年減っています。 平均年齢46歳。 経済成長率0〜1% 公用語は日本語。 人口以外、真逆といっていいほどの現状です。 日本は40年後には平均年齢が53歳と言われています。働ける人が少なくなっていきます。 そして 国債といわれる国の借金の返済を、新たに国債を発行されてそれで支払われてます。まさに自転車操業。 そして日本語しかしゃべれないので中々外国の資本を入れづらい。 リゾートも沖縄くらい、カジノなどはない現状。 それに対してフィリピンは 働く人口が多く、これからも人口は増えていく。 英語が公用語なのでフィリピン以外での国の外国資本を稼ぐことが可能。 出稼ぎ労働者が多く、セブ島やボラカイ島のリゾートや、カジノなどで外国の資本を自国に入れることが出来る。 シンプルに考えて伸び盛りな国です。

大手カジノのボラカイ島進出、政府が承認

オーストラリア オセアニア。 Copyright c NNA All rights reserved。 共同通信グループ NNA ASIA NNA アジアビジネスデータバンク NNA 倶楽部 NNA NNA EUROPE。

ボラカイ島カジノ計画お流れに:日本進出も狙う

PICK UP. Today get between 35 and free spins for the best slot. For the occasion - Spinoween.

ボラカイ島に1か月間住んでみた!!ホテル代/食費/生活費/アクティビティその他


ディスカッション