機器

バリュー投資家が見るカジノ関連銘柄【インタビュー】

投資戦略オーストラリアカジノ - 53238

オーストラリア:SkyCity Adelaide AUD300mn拡張計画 年中盤着工へ アジア観光競争

現在、マカオを除けば、IRの開発が最も活発化している国はフィリピンです。フィリピンでは年に第1号のIRとしてResorts World Manilaが開業しました。その後、マニラ湾カジノリゾート・プロジェクトが進展中です。同プロジェクトは約85ヘクタールの埋め立て地に4つのIRを集積させるプロジェクトであり、4つのIR合計の投資額は億円レベルです。年3月にSolaire Manilaが開業し、年にはCity of Dreams Manila、年にはManila Bay Resorts、年にはResorts World Bayshoreが開業予定です。Resorts World Manila、Solaire Manilaとも業績は順調であり、今後、開業予定の施設群も収支見通しは強気です。 フィリピン以外では、ベトナム、韓国、スリランカ、ロシアのウラジオストック、カンボジアのシアヌークビルなどにIR開発計画があります。また、台湾もIR実現の動きを継続しています。ベトナムのThe Grand Ho Tram Stripは総予算42億ドル、総開発期間8~10年の大規模プロジェクトであり、年7月に第1フェーズが開業しました。韓国ではCaesars Entertainment、Genting Singaporeがそれぞれ不動産開発業者と合弁で、総額20億ドル強のIR開発を進める予定です。 ウラジオストックではMelco International Development(Melco Crown Entertainmentの大株主)、カンボジアのNaga Corpが開発を進める方向です。しかし、フィリピンを除く、これら国々のプロジェクトは総じて事業採算性は楽観視できません。ベトナム、韓国のカジノ施設は外国人専用です(内国人は入場できない)。カンボジア、ウラジオストックの地元民のカジノ市場規模は限定的です。それぞれの施設は外国人訪問者に収益を依存せざるをえないプロジェクトであり、当初より、厳しい国際競争に直面することになります。 ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

■世界のカジノは壊滅状態

オーストラリアのカジノ事業者スター・エンターテインメントは、コロナウイルス(COVID)の拡散を最小限に留めるため政府からカジノ施設を閉鎖するよう命令を受け、従業員の90%以上に当たる人の一時解雇を計画していることがわかった。 CalvinAyreが25日 伝えた 。 政府が23日の正午までにすべてのバー、レストラン、クラブ、カジノを閉鎖するよう命じている。この閉鎖は「少なくとも6カ月間」続く 見通し だ。この政府の決定に対する人的コストについてスター社は投資家に伝えたという。 スターは、シドニーにある同名の旗艦カジノとブリスベンとゴールドコーストにある2つのゲーミング施設を含む同社の運営に、今回の閉鎖が「重大な影響」を与えるだろうと述べている。同社の経営陣は、「影響を最小限に抑え、流動性を維持するための緩和戦略の実施 」に注力しており、その中には「運営コストの大幅な削減と資本支出の削減」も含まれていると話した。 したがって、 スターは「約人の従業員の90%以上を一時解雇するという非常に困難だが必要な決定」を下したと述べた。 同社によると、影響を受けたスタッフには2週間の有給パンデミック休暇が与えられ、スタッフは未払いの年次および長期休暇の権利を利用することができる。 カジノ・IRニュース ニュース オーストラリアのカジノ事業者スター、従業員の90%を一時解雇へ Marie Okamoto 0 。

投資戦略オーストラリアカジノ - 54903

静岡大学教授(国際金融論) 鳥畑与一さん

オーストラリア オセアニア。 Copyright c NNA All rights reserved。 共同通信グループ NNA ASIA NNA アジアビジネスデータバンク NNA 倶楽部 NNA NNA EUROPE。 ニュースヘッドライン トピックス コラム:テイクオフ フォトニュース。

和歌山IRに名乗りを上げるサンシティのアジア戦略

Q:12月にカジノ関連銘柄に強気になった理由? A:カジノ関連銘柄は昨年10月から12月にかけて負債の多さと需要の鈍化が懸念されて株価急落。マカオで高収益を上げる米国のカジノ会社は中国経済減速の悪影響を受けている。カジノ関連銘柄の混乱に乗じて選別した銘柄を買い増し始めた。例えば、 ペン・ナショナル・ゲーミング(PENN) は年前半に10ドル台前半、年夏に37ドルに達し、その後18ドルに下落、現在は約24ドル。 Q:マカオのカジノでの営業許可の更新に懸念は? A:多少は懸念している。バリュエーションの魅力も乏しい ラスベガス・サンズ(LVS) や ウィン・リゾーツ(WYNN) など、マカオへのエクスポージャーが大きな銘柄には飛び付かなかった。 Q:投資先として選好するのは? A: ゴールデン・エンターテイメント(GDEN) :ラスベガスが拠点、株価は年の夏のピークの約半額で、EV/利払い・税引き・償却前利益(EBITDA)倍率は8倍、年予想株価収益率(PER)7倍の水準の19ドルに下落。フリーキャッシュフロー利回りは20%以上ある。 センチュリー・カジノス(CNTY) :オーストラリアを本拠とし、カナダでカジノ施設「センチュリー・マイル」を今年4月に開業予定、今後数年でカナダの事業によりEBITDAが倍増する可能性。米国市場に上場するカジノ会社の中で、内部成長率が最高で、株価EBITDA倍率が最低水準で、負債が最小。執行を確実にして現状を維持すれば、数年で現在の株価7ドル強から10ドル台前半への上昇も難しくない。 Casino Stocks Look Tempting to a Value Investorカジノ関連銘柄 【インタビュー】 バリュー投資家クラベッツ氏に魅力的に映る銘柄。 Home About ATF(有料版) 記事一覧 Information ATF(有料版) 投資のヒント マーケット バロンズ ストックボイス Mypage。

ディスカッション