機器

昭和の男のたしなみ「飲む・打つ・買う」が平成に流行らない理由

で稼ぐた新世代ギャンブル - 53615

SNSで宣伝&配信! 新世代「殴られ屋」

金融庁の発表した「老後資金は年金だけでは万円足りない」という内容のリポートが大きな話題になりました。このニュースをきっかけに、「どうやったら万円も貯めることができるんだろう?」「年金がもらえないなら、どうしたらいいのかな?」と、お金について身近な問題として考えた人も多いようです。 そこで今回は、赤字家計再生のスペシャリストでファイナンシャル・プランナーの横山光昭先生に取材。令和の時代に社会人として働き始める世代に向けて、お金にまつわるリアルなアドバイスをいただきました。 取材協力: 株式会社マイエフピー 代表取締役社長 横山光昭。 わかりました。 私には6人の子どもがいて、社会人2年目の長女、就活を終えたばかりの次女、大学生の三女がいます。娘たちに伝えるような気持ちでお話すると、20代半ばまでに意識してもらいたいキーワードは、2つです。 1つは「自分の軸」を作っていくこと。もう1つは、「時間」という武器に気づくこと。 世の中のありとあらゆる商品、サービスには値段が付いていますよね。 例えば、立ち食いそばで、コロッケそばを頼めば円。高級フレンチのランチコースはデザートとコーヒーも付いて、円。 高い、安いで判断すれば、コロッケそばが圧倒的におトクです。 では、円のランチを食べる人は浪費家で、お金が貯まらないかと言えば、そんなことはありません。 お金の使い方がうまい人は、「今日はアポイントが重なっていて、ランチの時間が10分も取れないとき」にコロッケそばを、「大事な人とゆっくり話したいとき」には円のランチコースを選びます。 短時間でお腹を満たし、次の仕事に集中できれば円以上の価値があり、大事な人と親しくなれれば円以上の充足感が得られます。 逆に友達に誘われて、「高いなぁ」と思いながら高級フレンチを食べたら、無駄遣いした罪悪感が残ることでしょう。 大事なのは、お金を使った後、「今日は充実した使い方ができた」と思える回数が増えることです。 若い人こそ、お金の使い方のメリハリを意識してみてください。 値段だけに左右されて「安いからいい」「高いからムダ」と判断するのではなく、お金を払って経験してみた後で「自分にとっていい使い方だったかどうか」を振り返りましょう。 その積み重ねによって、自分なりのお金への使い方の軸を作られていきます。 そして、自分の軸のあるなしが、貯金できる人かどうか、投資で成果を出せる人かどうかを分けていくのです。

「飲む・打つ・買う」という生き方は2010年代にはほとんど若い世代には受けていない

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 先日、「昭和の飲む・打つ・買う」というお題をテーマにしたトークショーに行ってきました。JR神田駅の高架下にある居酒屋が会場という 異色のトークショー で、お酒を飲みつつ楽しい時間を過ごしました。

堀江さんの資産の推移について知りたい

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

ディスカッション