機器

フェルナンド・アロンソ 「F1と僕」 Q&A 1

スティックペイエストリルカジノ - 38530

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

みなさまありがとうございました。  ニコ生の画面に流れる視聴者からの打ち込み文字、あれを出演者がモニターできるようになっているのだとは、初めて承知しました。(わたしは今回はそれを見ている余裕がありませんでしたが、慣れればそれに即反応して話題を変えるという芸当ができるそうです。)。 次。  Loren Thompson 記者による記事「Five Ways U。 Nuclear Strategy Might Fail -- Maybe Soon」。     ロシアは現在、静止軌道上に、米国の弾道弾発射を赤外線で察知する早期警戒衛星を、1機も保持していない。

[4] カテゴリの記事

トップ レース結果 コメント 技術解説 チーム分析 サーキット・ガイド 動画 コラム インタビュー データ レース動画 タイヤ レース写真 GP恋人写真 マシン写真動画 特集 ヘルメット テスト。 彼は10年間無冠に甘んじてきたが、多くのドライバーにとって、フェルナンド・アロンソは、F1レーシングのベンチマークであり続けている。彼はキャリアのなかで、期待の新人、複数回チャンピオン、ヒーロー、悪役、負け犬などさまざまな役割を果たしてきたが、次の役割については本当に興味をそそる。彼とマクラーレンは年に以前の栄光を取り戻すことができるのだろうか? 我々は年8月に彼の独占インタビューを行った。 Q : フェルナンド、ハンガリーの予選後、久しぶりにFIAの記者会見で笑っていたようでした。これは状況が好転しつつあることを知っていたのですか? フェルナンド・アロンソ : 久しぶりに笑ったって? 僕らは何度かQ3に進出していた。ただし2台ともではないが。でも、あのときは面白い質問があったんだ。だから笑っていた。そう、今年はよいこともあれば悪いこともあった。それは誰もが知っている。でも本当に笑っていたのはユーモアのせいだった。ラップタイムで笑ったわけではないんだ。 Q : ユーモアに関して、あなたはかつてF1で生き残るためには役者でなければならないと言ったことがありました。あなたの才能はシリアス・ドラマ、コメディ、どちらにあるのでしょうか? フェルナンド・アロンソ : もちろんコメディだよ。いつだってね(笑)! F1のすべてがコメディだ。スポーツでシリアスなものは何もない。だからドラマではない。頭をぶつけて、翌日には新品同様になるようなスラップスティック・コメディ(ドタバタ喜劇)にちょっと似ている。僕は間違いなくコメディ役者になるだろうね… Q :。 演じてみたい役はありますか? フェルナンド・アロンソ : ジム・キャリーの役なら何でも! 彼ならF1でもうまくやれると思うね。すべてをごまかしてね(笑)! Q : 年は16シーズン目です。過去を振り返って、フェルナンド・アロンソは変わりましたか? 世間知らずの若いドライバーから、負けん気の強いプロに? フェルナンド・アロンソ : ドライバーとしてだけではなく、人間はいろいろな意味で変わるものだ。19歳の人間は35歳の人間とは全く別人だ。家族、友人、チームに対するアプローチ、仕事のやり方、もちろんメディアへの対応など、あらゆる関係もそうだ。すべてが変わるものだ。ひとつの方向に変えたいと思うからではなく、人生のせいで変わるんだ! そこから逃れることはできない。ピーターパンが年を取らないというのはおとぎ話の中だけだ。 Q : F1で16年間過ごせば、いろいろ嬉しい瞬間がたくさんあったのでしょうね、そうでなければ今ここにいらっしゃらないでしょう。 タグ : F1 インタビュー フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ マクラーレン ジム・キャリー ティエラ・デル・フエゴ アラスカ。

гѓ€гѓ©гѓѓг‚Їгѓђгѓѓг‚Ї

バスツアーの旅 列車・飛行機の旅 クルーズの旅 現地集合の旅 テーマのある旅 オプショナルツアー 国内ひとり旅 国内特集一覧 ホテル・旅館を探す。 海外ツアー クルーズの旅 テーマのある旅 海外ひとり旅 海外特集一覧。 ロイヤル・グランステージ プレミアムステージ。 新聞広告掲載ツアー 催行決定ツアー WEB限定掲載ツアー WEB先行発表ツアー。

ディスカッション