機器

【ブラックジャック】ベーシックストラテジーを使って1万回プレイして勝率と期待値を確かめてみた!

検証セブンラックカジノ - 23075

バーとメンタルヘルスと時々うさぎ

毎年恒例の柔道家Iくんと行くソウルカジノ旅。今回の目標は、ソウルにある4つのカジノの完全制覇(全てのカジノでWでも勝利すること。)及びカジノオカルトの実証検証することにあります。  カジノでのオカルトというのは、D師匠が提言されたという、大小(タイサイ)というゲーム(三つのサイコロを転がし、出た目の合計が4から10までが小 11から17までが大 様々な賭け方はあるがここでは省略)で、ある特定の出目が出た場合に次の出目を決めるという賭け方オカルトです。  また、カジノ間の移動の合間にB級グルメを堪能します。今回の滞在時間は約48時間。うち、30時間は打ちっぱなし!心身ともに疲労困憊するも、心地よい時間を過ごせました。  それでは、柔道5段のIくんとの共闘記始まり、はじまり・・・・。 いつも両替する、ロイヤルホテル横の両替屋さん。カジノ経費以外はいつも良いレートのところでします。それにしても円安がすごいねぇ! 1万円がわずか9万Wぐらいにしかならないんだから・・・。ちょっと前までは15万Wなんてときもあったんだけどねぇ!それじゃー夕食に行きますか! まずは、セブンラックカジノでの激闘!! 木曜日とあってか、ブラックジャックのWの台に比較的簡単に座れました。 万Wをバイイン。悪名高きカタツムリは、なくなってました。何だか勝てそうです。柔道家は大小 タイサイ に張り付いています。柔道家に1・5・6 インゴロー の大が出たら次は小というオカルトを実践するよう伝えるとともに、その際は呼びに来てくれ!と依頼し、BJにいそしみます。 約2時間 7シューほどやりましたが、3勝4敗でちょい負け。一方、柔道家は大小でちょい勝ちらしい。 ブラックジャックしている途中、1・5・6の大が出て、次に小に賭けて勝ったとか!何で呼びにきてくれんのや!ってしっかり叱っときました。 初日から負けるのは、いかんと思い直し、大小で勝負をすることに。 すると、これまた2・3・4の小のあとは大から大が8連。ツラを追うことを信条としているsinoueは、もちろん大を追いましたとも!!お陰で、人質の諭吉くんをお返しいただくとともに、お土産までいただきました。嬉しいなぁ! ちょっと場所がわからなく、ウロウロしてましたら、パッカー車の清掃員さんが指差しでお店を教えてくれました。 アジアのベスト50のお店に選ばれているとの表示がありました。 パラダイスカジノはこじんまりしたカジノで、BJもバカラも余裕で座れます。 昨日勝っているので余裕です。 今日はミニマムWのバカラでゲームスタートです。残念ながら大小がなく、ルーレットもあるにはありますが、お客さんが付いていないのでオープンしてません。柔道家はカードゲームをしませんので、sinoueのカードゲームの見に徹します。 まずはBにW。勝てば1,1,2,3,5,8,13,21倍に賭け金を増やすフィボナッチ打法を実践します。勝ったり負けたりの勝負が続きます。柔道家を待たしているのが気がかりになりだした頃、sinoueの賭ける方と逆に賭ける中国人が出現。この野郎!って思っちゃったのが運のつき。まさに俺が人間罫線の的となっちゃいました。悔しいけど、無尽蔵の資金を持つ中国大人には勝てませんわ!昨日の勝ちはすっかり溶けちゃいました。

関連記事&スポンサーリンク

Glocal観光商品 - 仁川江華島平和1日ツアー(ソウル出発)。 Glocal観光商品 - 仁川開港場近代歴史体験1日ツアー(ソウル出発)。

検証セブンラックカジノ - 30557

ブラックジャックのルール設定と検証結果

セブンラックカジノにて「ブラックジャック作戦」は遂に発動。韓国カジノ旅行最後の夜、弟は奇跡の目撃者となれるか。 これまでの収支が一人だけへこんでいた弟を救うために始動した「BJ(ブラックジャック)作戦」。先陣を切った私はBJの基本戦略であるベーシックストラテジーを短時間で頭に叩き込み勝負に臨みますが、付け焼刃ではどうにもならないことを実戦で思い知ることになります。 やはり初心者にはBJは不可能なのか、ましてや弟を救うことなど …… 。と思われたその時、同席していた中国人プレイヤーが何やらこちらにハンドシグナルを送っています。 ブラックジャックはカードを引く「ヒット」やこれ以上カードを引かない「ステイ(スタンド)」などのアクションは ハンドシグナル (ハンドサインやハンドアクションとも呼ばれます)で行います。 「ヒット」の場合はテーブルを人差し指や中指などでトントンと叩き、「ステイ」の場合は手の平を広げて水平にし、左右に振るのですが(バイバイのような感じ)、私がアクションに詰まると右隣りの中国人プレイヤーがBSのアクションをハンドシグナルで教えてくれるのです。 その後私はBSを忘れてしまった部分を両サイドの中国人プレイヤーに教えてもらうことで補完していき、ゲームを進めるにつれて大体一人でも何とかなるようにはなってきたのですが、気付けばチップは増えに増え、 いつの間にか目の前のチップは万ウォン(約30万円)に届くかというところまできていました。 流石に私も申し訳ないような気にもなりましたが、こればかりは運の話なのでどうこうできるものではありません。私ができることと言えば祈ることくらいしかないので、右隣りの中国人プレイヤーも勝ってくれることを祈り、ゲームを続行します、が …… 。

フォートラベル公式LINE@

Rise of Maya …. NetEntRise of Maya. 23 7 224. Let's Go.

まとめ:ブラックジャックはトータルで勝ち越せるギャンブルである

Wi-Fi … … … … … … … 7 2. let's go. come o-n.

ディスカッション