練習

仮想通貨のロスカットとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

損切りロスカットデビットカードを追加する - 55685

仮想通貨のロスカットとは?

仮想通貨FX(ビットコインFX)では、投資家のリスクをコントロールするために 「ロスカット」 というシステムを設けています。 取引を利用する上で非常に重要なポイントになってくるので、しっかり理解しておきたいところです。 今回は仮想通貨FXの「ロスカット」とは何か初心者にも分かるように解説します。 仮想通貨FX(ビットコインFX)とは、為替の仮想通貨( ビットコイン(Bitcoin/BTC) )版と考えてください。 証拠金を預けることで、その数倍から数十倍の資金を動かせる「 レバレッジ取引 」を行える取引方法です。現物の日本円だけを使ってトレードを行う本来の取引とは違い、仮想通貨FXなら高額での売買ができます。 証拠金の何倍で取引できるかは、 各社が設定するレバレッジ倍率によって異なります。 例えば、レバレッジ3倍なら証拠金の3倍までの資産を動かせることになるのです。 仮想通貨FXの大きなメリットは、 少ない資金でも大きなお金を動かせる 点でしょう。 手持ちの資金が少ない方も大きな利益を得るチャンスがある ということになります。

ロスカットの2つのメリット

FXのロールオーバーの特徴は、 毎取引日、建玉を自動的に決済し、お客さまに実現損益(為替差損益、スワップポイント)が発生する ことです。この実現損益は、2営業日後に預託証拠金額に反映されます。 建玉の決済日の前営業日に、決済日の翌営業日を決済日とする建玉に乗り換え、結果として決済日を1日繰延べる処理。繰延べた1日分の金利差から計算されるスワップポイント スワップポイントとは の受払いが発生します。ただし、土日や各国の休日等により決済日を数日繰延べる場合もあります。

この記事を書いている人

信用取引は分かりやすく言うと、 あなたが証券会社に預けた資金や保有している現物株式を担保に、その証券会社からお金を借りて売買ができる取引方法 です。 手持ちの現金が少ない方もレバレッジを利かせることで、 今まで現金が足りなくて手が出せなかった値がさ株の売買もできるようになりますし、投資効率も上げることができます。 証券会社によって保証金維持率というのが決められていますが、それを割ってしまうと追加で入金しなくてはならない「追証 おいしょう 」になってしまうこともあるので、利用する場合はいつも以上に注意が必要です。

仙台で暮らすシステム寄りwebディレクター達のブログです。仕事、子育て、ロードバイクやミニベロの話など、色々と綴ります。

一つが、株価を自分でチェックして、円になったのを見て今すぐ売りたいという注文方法だ。これを 成行(なりゆき)注文 という。もう一つが、ある株を株価円で買ったとして、株価のチェックはしないで、いつか円まで上昇したら売ってほしいという予約の注文方法で、これを 指値(さしね)注文 と言う。 しかし、今ではほとんどのネット証券で、 逆指値(ぎゃくさしね) という便利な注文が可能になっている。 逆指値注文は指値とは逆で、円で買った株が80円まで下落したら売ってほしいという注文 のこと。 株を買ったら、必ずこの逆指値注文を入れる。 これさえしておけば、その時点で最大の損失額を確定でき、すべての個人投資家が株の塩漬けから解放されることになることを説明したが、逆指値のメリットは損切りへの対応だけではない。

ディスカッション