練習

ギャラクシーとの協議は単に保留中、LRWCがボラカイに関する立場を明確に

投資ボラカイ島カジノ - 19484

フィリピン:ボラカイ島に2つのIR開発~Galaxy Entertainment Alliance Global。国際観光競争

同日、Galaxy Entertainment Groupは、フィリピンの%子会社が、ゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)より、ゲーミングライセンス(暫定)を取得したと発表。 Galaxy Entertainment Groupのフランシス・ルイ副議長のコメント ・フィリピンのロドリゴ・デュテルテ大統領のボラカイ島の開発方針に貢献 ・中国政府の一帯一路構想に貢献する ・中国、香港、マカオの富裕層を集客 ・低層、ビーチを含む開発(Leisure and Resorts World Corpは、約23haの用地取得済み)。 同日、現地メディアBusinessWorld Onlineは、Alliance Global Groupが、PAGCORのIR開発計画の承認を得たとレポート。同計画は、年に申請しており、すでに、ホテル部分は開発済み。 Alliance Global Groupは、Travellers International Hotel Group(マニラ首都圏Resorts World Manila運営)の大株主であるが、ボラカイ島の計画は、独自で進める方向。 なお、フィリピン政府は、環境問題と改善施策のため、ボラカイ島の観光産業を1年間、停止する方針。ただし、PAGCORは、Galaxy Entertainment Groupのボラカイ島のIR計画は、観光停止の影響を受けないと発言。 Domingo議長は、新規IR開発計画の新方針を発表。 その骨子は、 1)マニラ首都圏では、今後5年間は新規のIRライセンスを発行しない方針 2)マニラ首都圏以外のIR計画を推進。そのミニマム投資要件は3億米ドル(マニラ首都圏エンタテインメント・シティのミニマム投資要件は10億米ドル)。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。

日米個別株、ビットコイン、不動産投資してます。儲かるネタを日々探しています。

フィリピンのゲーミング投資会社、レジャー・アンド・リゾーツ・ワールド LRWC は、カジノの新規開発への一時停止措置が最終的に解除された場合、ギャラクシー・エンターテインメント・グループとのボラカイでの提携を再検討するために扉を少し開けたままにしているようだ。 同社は、「当社の会長であるエウセビオ・タンコ氏の伝えられている発言は、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領による一時禁止措置によって、ボラカイ計画に関してギャラクシー・エンターテインメント・グループ GEG との間でさらなる協議がないという事実をただ述べているだけだ。我々は、大統領の指示を守り続けるという姿勢を崩さず、この問題への大統領の命令に従っていく。また一方で、ボラカイにある土地の開発にむけた計画も一切決まっていない。しかし、LRWCは、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領によるボラカイ再活性化と浄化のための最近の前向きな行動によって、ボラカイの不動産価格が上昇し続けると確信しており、当社会長は当該不動産をランドバンキングすることはそれでもなおLRWCにとって価値を生み出すと信じている」と述べた。 ギャラクシー・エンターテインメント・グループのフランシス・ルイ副会長は、今年これまでに、Inside Asian Gamingに対して、 まだLRWCとボラカイの提携関係を進めることに希望を持っている と話し、「まだ、現地の人々に誤解があることを理解してもらいたいと思っている。真実が伝わり、我々のプロジェクトがどういった形で大きなプロジェクトにならないかというのを理解してもらえれば、これがボラカイがかつて持っていたブランド力を活性化させるのに必要な種類のプロジェクトだと分かってもらえると確信している。ボラカイは常に世界トップ5に入るビーチリゾートの一つであり、我々は本当にその一部になりたい、そして我々はそこを確実に以前のような地位に押し戻していきたいと思っている」と語っていた。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。

ディスカッション