練習

【必見】ベラジョンカジノに新しい出金方法「国内銀行送金」が誕生!

日本のカジノ法案アイウォレットスロット - 9673

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

こんにちは!Casimo編集長の笠原です。 今回は「 年ついに成立した、カジノ法案 」 について解説していきます。 カジノ法案とは、正式な名称を「Intergrated Resort推進関連法案」と呼び、IR法とも呼ばれています。IRとは統合型リゾートと言う意味で、 あくまで「リゾート施設に併設するカジノのみ」合法化する という法律です、。 そのため、 繁華街にある闇カジノや裏カジノは、違法のままになります 。

バナー・ベラジョンカジノ

上記理由を証明するための、重要なキーワードとして存在するのが『Integrated Resort(IR)』。 こちらは「特定複合観光施設区」を意味し、概要としては、国際会議場・展示施設・ホテル・劇場・映画館・アミューズメントパーク、ショッピングモールなどを一区画に含む総合型リゾートエリアを作ることを指します。 本法案が実現し、総合型リゾートエリアが完成することで、観光及び地域経済の振興に寄与でき、財政の改善に好影響を及ぼせる見込みという訳です。 参考として特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律を一部抜粋するので、あわせてご参照ください。 第一章 総則 (目的) 第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。 (定義) 第二条 この法律において「特定複合観光施設」とは、カジノ施設(別に法律で定めるところにより第十一条のカジノ管理委員会の許可を受けた民間事業者により特定複合観光施設区域において設置され、及び運営されるものに限る。以下同じ。)及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設であって、民間事業者が設置及び運営をするものをいう。 2 この法律において「特定複合観光施設区域」とは、特定複合観光施設を設置することができる区域として、別に法律で定めるところにより地方公共団体の申請に基づき国の認定を受けた区域をいう。 (基本理念)。

「Hawaiian Dream(ハワイアンドリーム)」とは?

アイウォレットは年に設立された比較的新しい企業が運営していますが、対応しているオンラインカジノの数も続々と増えてきています。 Neteller(ネッテラー)がギャンブル目的とした決済サービスに利用できなくなってから(年9月15日~)対応するオンラインカジノが増え、今ではオンラインカジノユーザーに広く普及しています。 また、 アイウォレットカードはマスターカード なので、世界国以上の国や地域で利用することができます。 ICチップ付カードでセキュリティが高く安心。紛失・盗難時のサポート体制も万全ですので、マスターカード加盟店でのショッピングや旅行にも使うことができます。 口座は開設はとても簡単。身分証明書を提出する必要がなく、メールアドレスといくつかの基本情報を入力するだけでアイウォレットを利用することができます。 ただし、スタンダード会員は利用金額に制限があります。 上限額の制限を解除したい場合には、身分証を提出すればエグゼクティブ会員にアップグレードも可能です。 個人の場合は、 送金しても送金を受け取っても手数料は一切無料! 銀行の振込手数料、中継手数料は掛かりますが、 アイウォレットの手数料は一切掛かりません 。 また世界主要の6通貨【JPY、USD、EUR、HKD、SGD、GBP】にすべて対応。海外とのやり取りが多くなる場面においてとても便利です。 アイウォレット口座からアイウォレットカード(国際ブランドのプリペイドカード)へ簡単に残高を移動可能。 アイウォレットカードに入っている残高は、世界各国のマスターカード対応ATMで現地通貨を引き出せます。 マスターカード加盟店でのショッピングにも利用できるので、オンラインカジノ以外の場面でも役に立ちますよ!

ディスカッション