練習

残高の「現金化」が得意なスマホ決済アプリはどれ? 手数料や使い方を比較

決済サービス実際の出金時 - 26875

スマホ決済アプリの出金機能(現金化)とは?

仕組みは銀行振込と同じようなものですが、スマホ決済の個人間送金では、相手の口座番号を知らなくても送金することができます。携帯電話番号や送金サービスのユーザーID、専用のリンク URL を利用して送金ができるのです。 個人間送金機能は「P2P金融サービス」と呼ばれるサービスの一種です。 P2Pとは「Peer to Peer」というIT用語の略称で、ネットワークに接続されたパソコンやスマホなどの端末が直接通信することをあらわします。 それぞれ条件が異なりますので、 本人確認の必要性や出金の可否など、目的や用途に合わせて自分にあったスマホ決済サービスを選ぶことをおすすめします。 PayPayを使えば送金手数料なしで個人宛に送金が可能です。 送金は1円から最大10万円までで、1円単位で金額を指定することができます。 またPayPayは、前払式支払手段発行者であり、資金移動業者でもあります。 PayPayの個人間送金機能を本人確認なしで利用した場合は、「PayPayマネーライト」の譲渡となり、現金として出金することはできません。しかし年4月現在で 万ヶ所以上の加盟店で残高を利用できる ため、残高の使いみちに困ることはないでしょう。

スマホ決済の個人間送金機能とは?

クレジットカードは今や日常生活に欠かせないものとなっています。しかし、どのような仕組みで決済が行われているのか、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、クレジットカード決済の仕組みや特徴、決済代行会社についてご紹介します。 クレジットカードとは、買い物の支払いを行うことができるカードのことです。 現金を持ち歩かなくても買い物ができるほか、クレジットカード番号などをWEBサイト上で入力するだけで、インターネット通販の支払いを行うこともできます。 請求は、1ヶ月ごとにまとめて行われる後払い方式です。 クレジットカードの発祥については諸説ありますが、ある実業家がアメリカのレストランで支払いをする際に財布を忘れていたことに気が付き、このような場合でも困らないような「つけ払い」ができるシステムを作りたいと思ったことがきっかけだといわれています。 アメリカでクレジットカード会社が設立された10年後、日本でもクレジットカード会社が設立されました。 クレジットカード決済は、どのような仕組みで行われているのでしょうか。 ここでは、消費者・お店・カード会社の3者間で決済される場合と、決済代行会社を加えた4者間で決済される場合に分けて、ご説明します。 そもそも、決済代行会社とは一体どのような役割を担う会社なのでしょうか。 決済代行会社は、お店とカード会社との間を取り持つ役割を持ちます。 お店が決済代行サービスを利用していない場合、各カード会社とそれぞれ手続きやシステム構築などを行う必要がありますが、決済代行サービスを利用すれば手続きやシステム構築は決済代行会社との間で行うのみで完了します。 インターネット通販を行うECサイト(ネットショップ)には欠かせない存在です。 消費者が領収書の発行を求めた場合、事業者(お店)は領収書を発行する義務があると民法で定められています。ただし、代金の受け渡しと同時に領収書の発行を行うべきとする同時履行の原則があり、ここがポイントとなります。 前述の通り、クレジットカード決済の場合、商品購入時点では代金の受け渡しは行われていません。そのため事業者には、クレジットカード決済時に領収書を発行する義務はないのです。

個人間送金機能とは?

この記事では「アプリ内の残高を現金に引き出せる機能」(以下、出金機能)を持つ6つのアプリを紹介します。また、この機能のほか「アプリユーザー間で無料で送金ができる機能」(以下、送金機能)と「QRコードで決済ができる機能」(以下、QR決済機能)の2つもアプリ選びの基準にしました(6つのアプリともこの3つの機能あり)。QR決済機能については、使える加盟店の数や決済金額に応じたポイント還元の有無でアプリ間に差があるため、理解を助ける目的で、加盟店が多く、ポイント還元がある4つのアプリを「買い物系」、残りの2つを「送金系」とジャンル分けして紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)。 コミュニケーションアプリ「LINE」内の決済機能が「LINE Pay」です。LINE Payは「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しています。出金機能を使うには、LINE Pay上で本人確認を済ませる必要があります(銀行口座を登録すると本人確認されたとみなされます)。 ドコモが運営するスマホ決済サービスです。ドコモユーザー以外でも、dアカウントを作ることで利用できます。LINE Payと同様に「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しており、出金機能を使うには銀行口座を登録する必要があります。 このように、各アプリの長所を生かした使い方がいろいろと考えられると思います。本記事を参考に、最適なお金の動かし方を模索してみてはいかがでしょうか? 記事の最後には、メガバンク3行の振込手数料を参考情報として掲載してあります。「他行宛ての振り込み」で「3万円以上」の場合、スマホ決済アプリのほうがコスト面で有利になるようです(みずほ銀行の場合は3万円未満でも)。こちらも比較の材料にしていただければと思います。 powered by。

「かざすだけ」でコンビニ決済 クレカも“非接触”(20/06/11)


ディスカッション