練習

「相続税対策」に生命保険の「解約返戻金」を利用する方法 「低解約返戻率」の商品を選ぶべき理由も解説

を選ぶべき理由控除率 - 52091

2 配当控除を受けることができる配当所得

生命保険に加入したり、多くの医療費を支払っていたりする人は、「控除」によって税金の負担を軽くできることをご存知でしたか? 控除は「確定申告」などで自ら申告するものなので、控除のしくみを知らないと税金を余分に納めてしまうことも……。その保険料控除や医療費控除のしくみや基準などを、しっかり理解しておきましょう。 医療費控除は、多額の医療費を納めている家庭が経済的な負担を軽減するために利用できるものです。平成30年現在の制度では、原則として1年間 1月1日から12月31日 の医療費が10万円を超えている場合に、その超過分の金額が控除対象となります。 病気やケガで病院や薬局などにかかった場合、医療費が発生します。しかし、公的医療保険制度や民間の生命保険から給付金や保険金などを受け取る場合もあります。 たとえば、。

配当金も節税に使える? 配当控除とは - マネーイズム

配当所得 とは、株式の配当金や公募株式投資信託の収益分配金などに関わる所得を指します。簡単に言ってしまえば、 出資者である株主がその出資先の法人から受け取る配当 のことです。 配当所得の金額は、「 収入金額-株式取得のための借入金の利子=配当所得の金額 」という計算式によって求められます。ここでの収入金額とは源泉徴収税額を差し引く前の金額を指し、また借入金の利子はその配当所得を生み出した株式の、その年における保有期間に対応する部分の利子のみを指します。

ディスカッション