専門家

HAWAIIAN DREAM /ハワイアン・ドリーム スロット

ボーナスステージ沖縄カジノ - 44133

⚽️カジ旅でスポーツベットを楽しもう!

ハワイ好きにオススメ!ハワイアンミュージックと一緒に日本のパチスロに良く似た人気のオンラインスロットが楽しめる!それがハワイアンドリーム スロット!南国育ちと思いきや、Japan Technicals Games LIMITEDという日本の会社が開発を担当!その為か、リール数などの仕様がパチスロにそっくり!大人気スロットのスターバーストと同様、回転がゆっくりなのでオンラインスロットが初めての人でも簡単に楽しめる!ハワイの海を背景にバケーション気分を味わいならスロットが回せるのはハワイアンドリームだけ!早速ハワイアンドリーム オンラインゲームレビューを徹底解説していきましょう! ハワイアン・ドリームの遊び方 オンラインスロットの中でもなかなかの人気で常にオンライン カジノ おすすめのゲームに選ばれているハワイアンドリーム。配信しているゲームプロバイダーはOryx Gaming、比較的簡単ですぐに遊べて、そのグラッフィックとサウンドからわかるように、ハイビスカスのイラストやウクレレが奏でる音楽で、まるでハワイでカジノを楽しんでいるような気分にさせてくれる、ハワイ好きにはたまらないオンラインスロットなんです!サウンドに連動してか?スピンの回転がわりと遅めで、高速回転が好きなプレイヤーにはちょっとうーんという感じも受けますが、オンカジ初心者や長くスロットを楽しみたい人にはぴったりです!まずはハワイアン ドリームの基本的なスペックをチェック! ハワイアン・ドリームのシンボルは気分を盛り上げてくれるハワイアンチックな絵柄が勢揃い!ステージごとにシンボルが用意されていて、ラッシュごとに違うスキャッターをみる事ができます。高配当絵柄としては7がゴールドに輝くUltimate Rush・サーファーガールが波乗りしている絵柄と、ハワイらしいカクテルの絵柄も高配当のシンボルです。スロットシーサーみたいで、沖縄を連想する人もいるかも知れませんが、これはハワイの神として祭られているティキ像をモチーフにしたスキャッター!8種類が登場しています。中でもゴールド系の輝くティキが一番配当が良く、それに続いて20・10・6・4とそれぞれ異なった配当を出してくれます。低めの配当ではハワイらしくヤシの木やウクレレのシンボルがあり、ネオン調に光っていて、配当は低いながらハワイのナイトライフ気分を盛り上げてくれるでしょう!3タイプの水着美女もそれぞれ違う配当を持ち、Ultimate Rushでその威力を発揮してくれます!このようにボーナスステージごとのグラッフィックも楽しみの1つと言えるでしょう!

シンプルカジノ&カジ旅独占!【Coin Swipe・コインスワイプ】

セガサミークリエイション 小口久雄社長=G2Eアジア会場にて撮影。 セガサミーグループのカジノ機器メーカーとして年6月に設立されたセガサミークリエイション。昨年マカオで開催された国際カジノ見本市「G2E(グローバルゲーミングエキスポ)アジア」に初出展し、会場をアッと驚かせるド派手な大型マシンをお披露目して話題をさらった。 その後、同社カジノマシン第1号機「シックボー・ボーナス・ジャックポット」は、ヴェネチアンマカオカジノへの参入を果たした。先月(5月19〜21日)開催された「G2Eアジア」では、第1号機のほか、第2号機「エキサイティングバカラ」の展示、開発中の「トリプルホイール(仮称)」の映像紹介を通じて開発力をアピール。 販売拡大を目指し、会場中央にイベントステージ付きの大型ブースを展開。あらためて大きな注目を浴びた。 同社を率いるのは、セガを代表する数々のヒット作を生み出したゲームクリエイターとして知られる小口久雄社長だ。 世界の強豪ひしめくカジノマシン市場にゼロから挑む決意はいかなるものか、そして勝算はいかに? G2Eアジア会場にてお話を伺った。 第1号機の初設置を果たしたが、ここまでの道のりについて? 会社設立から2年、プロトタイプの公開から1年というタイミングで第1号機の設置を果たせてとても感慨深く、様々な関係者の皆様に感謝申し上げます。 当社グループにとって、カジノマシンの開発は初めてのことです。セガがアーケードゲームの世界で培ってきた商品開発力、サミーの技術力といったノウハウがあったからこそ、この短い時間で完成度の高いカジノマシンを作ることもできました。 カジノ運営企業からの評価は? セガサミークリエイションは単にギャンブルではない、大人が楽しく遊べるエンターテインメント性の高いカジノ機器の提供を追求しています。 今回、当社のカジノマシンを初めて設置いただくヴェネチアンマカオの運営会社であるサンズ社も、ギャンブル一辺倒ではなく、エンターテインメントを志向とする企業スタンスを持っており、当社の大人が楽しく遊べるモノ創りというコンセプトについて、互いに思いを共有することができました。 もちろん、シビアなビジネスの世界ですから、結果がすべてです。実際に設置、稼働した後、どれだけお客様に遊んでいただけたかで最終的な評価が決まります。 今回初設置される第1号機がベンチマークとなるでしょう。 今後のセールス展開について? 今回設置いただきましたサンズ社はもちろんですが、昨今、カジノ運営会社の中には他のカジノにはない、自社施設だけの上質感あふれる多様な要素を特長として有し、他社との差別化を図りたい意向も見受けられます。 もちろん、我々メーカーにとっては台数を増やしてこそビジネスが成り立つという世界ですから、当然のことながらまずはマカオを中心に他カジノ施設も含め、全方位で拡販を進めていきたい考えです。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。

【オンラインカジノ】スロットのボーナスステージ!無料プレイで大当たりww


ディスカッション