専門家

見たい番組一覧に追加

カード現金化ダビンチズミステリースロット - 13715

システム思考というアプローチ

愛犬家のみなさんに朗報です。犬の気持ちをリアルタイムに色で表示してくれる装置が発明されました。  その装置の名はテレパシーならぬ INUPATHY(イヌパシー) 。名前はちょっと眉唾っぽく聞こえますが、いたってまじめな研究のようです。 犬と人の「絆」つくる犬専用ウエアラブル登場 心拍変動で色が変化。 その名も「イヌパシー」  犬の心拍数の変動を把握し、その気持ちの状態に応じた色に変化するウエアラブルデバイス(装着型機器)を、東京のITベンチャーが開発した。「INUPATHY(イヌパシー)」と名付けられ、例えば虹色に輝くと「うれしい」状態だ。現在クラウンドファンディングで資金調達に乗り出し、犬と人の絆(きずな)を深めるとして注目されている。 心拍変動が「気持ち」を映す  開発したベンチャー社長の山口譲二さんによると、イヌパシーは、愛犬の胴体に装着したセンサーが心拍の変動を取得。鼓動の早い遅いに加えリズムのわずかな変化も逃さずにとらえる。  山口さんは、その心拍変動と犬の気持ちがどのように密接に連関しているかさまざまなパターンを研究。変動の特徴から「喜び」「興奮」「ストレス」「集中」などを知ることができるようにした。 ( 産経ニュース  2016年5月5日)  ただ、犬ほどそのときの感情がわかりやすいペットはいませんから、この装置を必要とする愛犬家がどれほどいるのか、商品化されたとしても売れ行きが気になります。また、こうした装置を身につけた犬はストレスを感じるはずですので、そもそも正しい測定ができるのでしょうか。  ところで、筆者としてはぜひ追加してほしい犬の気持ちセンサーがあります。それは 「たそがれる」 です。  夕方に犬を散歩させているとき、犬が夕日に向かって立ち止まり動かなくなった経験は誰にでもあるでしょう。そのとき犬はたそがれているのです。  たそがれ始めた犬は気が済むまで動きません。無理にせき立てずに、一緒にたそがれてあげればいいのですが、たそがれは夕日だけとは限りません。川辺を歩いている時、草のにおいを嗅いだ時、いつもおやつをくれた商店が閉店していた時・・・たそがれるきっかけは数限りなくあります。そのときセンサーが夕日色に輝いてくれれば、きっと犬的には大ヒット間違いなしです。 (水)。 どうやらシジュウカラは言葉を話しているらしい、ということを日本の研究者が10年がかりで突き止めました。 シジュウカラ 鳴き声組み合わせ意思疎通 文法も  小形の野鳥「シジュウカラ」には異なる鳴き声を組み合わせて複雑な意味を伝える能力があり、その組み合わせには「文法」もあることが、総合研究大学院大学の研究で分かりました。ヒト以外の動物で、文章で情報を伝える能力が明らかになったのは、これが初めてです。 ( NHK NEWSWEB 科学・医療ニュース一覧  2016年3月21日掲出)  シジュウカラとは頭が黒、頬が白く塗り分けられた、ちょっと見はパンダのような姿をした野鳥です。大きさは雀より少し小ぶり。  言葉で文章を作るという行為は、人間だけができる能力と100年前にダーウィンが提唱して以来、定説となっていました。今回の発表はその定説を覆す大発見と評価されています。 (筆者の庭に訪れるシジュウカラ 撮影:筆者)  ではシジュウカラはどんな言葉を話しているのでしょうか。 【プレスリリース】『単語から文をつくる鳥類の発見』  総合研究大学院大学の鈴木俊貴氏を中心とする研究チームは,野外での詳細な行動観察と実験によって,鳥類の一種シジュウカラにおいても,異なる単語を組み合わせ,より複雑な意味を伝える能力が進化していることを発見しました。シジュウカラは,仲間に警戒を促す声(「警戒しろ」)と仲間を集める声(「集まれ」)を組み合わせ,「警戒しながら集まれ」というメッセージをつくります。さらに,鳴き声の組み合わせには文法規則(語順)が存在し,その規則に反すると情報がうまく伝わらないことも,野外実験によって明らかにしました。 ( 総合研究大学院大学「NEWS 最新情報・トピックス 一覧」  2016年3月9日掲出)  筆者の唯一のTwitter(さえずり)仲間であるつがいのシジュウカラも、しょっちゅうヂヂヂ、ツーピーなどと鳴き交わしています。言葉の中には『「ヘビ」や「タカ」の存在を示す名詞のような鳴き声まで存在』(プレスリリースより)するそうですから、あなどれません。あの小さな頭の中で文章まで作っているとは、想像すらしていませんでした。  筆者としては、。 実用的なシジュウカラ語を知りたいものです。  なぜならこのつがいのシジュウカラ、我が家に日参するようになって以来、クルミ1袋とピーナッツ3袋を平らげていますから。 (水)。 先日の新聞記事で、日本の「労働生産性」が低いとの報道がありました。 労働生産性、先進7カ国で最低 茂木友三郎生産性本部会長「勤勉な日本が。

Group site links

ミステリ翻訳者の小鷹信光(/享年79)(松田優作主演のテレビドラマ「 探偵物語 」の企画立案者でもあった)の翻訳は、最初年に河出書房新社版が刊行され、その3年後にハヤカワ・ミステリ文庫に収められましたが、近年になって諏訪部浩一(東京大学准教授)の研究・講義に触発され、自らの翻訳を改訳したものが年に刊行されました(講義内容の方も『「マルタの鷹」講義』('12年/研究社)として刊行されている)。ハメットの小説の登場人物は余計なことはあまり喋らないので、英語を日本語に訳す時に訳し方によってニュアンスが異なってくる部分が大きいのだろうと思います。小鷹信光のような大御所にさえ、改訳する気を起こさせると言うか、むしろ75歳を過ぎて自分より二回りも若い大学准教授の講義を受け、過去に自分が翻訳したものを27年ぶりに訳し直してみるという、その気力に感服するとともに、この作品への愛着も感じます。 因みに『「マルタの鷹」講義』によれば、ハメットのサム・スペードがいなければ、レイモンド・チャンドラーの フィリップ・マーロウ も、ロス・マクドナルドの リュウ・アーチャー も存在しなかったとのことです。まあ、後のハードボイルドにそれくらい大きな影響を与えたということなのでしょう。 ということなのでしょう。この作品は「ヒッチコック劇場」で第話「中年夫婦のために」()としてドラマ化されています(「女性専科第一課 中年夫婦のために」) 。ヒッチコック自身が演出していて、原作がいいということもありますが、あらすじを知ったうえで観ていても楽しめました。主役の オードリー・メドウズ はいかにもヒッチコックが好んで使いそうな感じの女優でした。 Alfred Hitchcock Presents - Season 6 Episode 1 。 Bixby and the Colonel's Coat"()(「中年夫婦のために」) Audrey Meadows。 また、「ロアルド・ダール劇場 予期せぬ出来事」の中では、第1シリーズ第1話「 南部から来た男 」に続く第2話「ヴィクスビー夫人と大佐のコート」()としてドラマ化されています。これもジュリー・クリスティ主演ですが、「ヒッチコック劇場」版と比べると弱いか。 Tales of the Unexpected - Mrs Bixby and the Colonel's Coat()(「ヴィクスビー夫人と大佐のコート」) Julie Harris。

江原正士 - Wikipedia

こんなことがよくありませんか? 目の前の問題を解決したつもりでも、別の問題が起きたり、後になってもっと大きな問題が出てきたり。 システム思考のアプローチを活用するためのプロセスについて紹介します。 ひとたび身につけば、職場や仕事のよくある課題は半日から2日間で解決策を見いだすことができるし、簡単な課題なら、1~2時間ほどの振り返りや対話でシステムの洞察を見いだすことも可能です。システム思考ではどのようなプロセスやツールが使われるのでしょうか? システム思考や学習する組織の基本的な考え方、ツール、事例などについて紹介しています。(不定期配信) 登録、解除は、下記のフォームにメールアドレスをご入力ください。 (必ず半角でご入力ください)。 ページの先頭です。 ページ内移動用のリンクです。 このページの本文へ移動します。 グローバルメニューへ移動します。 サポートメニューへ移動します。 フッターメニューへ移動します。 ホームへ移動します。

ディスカッション