専門家

RESTAURANT RAVELINEN : コペンハーゲンの口コミを読もう!

クリスマスパーティーコペンハーゲンカジノ - 6257

クリスマスをハッピーに彩るグッズが「フライング タイガー コペンハーゲン」に登場

プラス点: 伝統的なデンマーク料理を出すお店です。電車内で知り合った現地の人にオススメ頂いて行きましたが、とても美味しく、景色も湖沿いで開放的なお店でした。 またデンマーク料理は初めてか聞かれたので、そうですと答えたら、プレートの料理を一つ一つ、食べ方や順番について解説。 典型的なデンマーク料理をだすお店です。 私たちは自転車で疲れたのでカフェのつもりで入りました。 やはりビール(カールスバーグ)はうまかったです。 まわりの人たちは観光客ばかりで、その食べている量に圧倒されます。 私のグルメの友人と私はクリスマスの昼食のために初めてRavelinenに行きました。味わい深い伝統的な4つの要素を持つ「ジュレプラッテ」を選択します。品質とサービスに満足しました。 5。要素「Ris a la mande」は失望、味の遅れ、そしてあまりにも流動的でした。優れたサービス、素晴らしい環境、ビールとスナップの良い選択。 シュニッツェルについてのレビューを持っていた65歳の紳士は、私もそれを試してみるように説得しました。彼は正しかったです。それは私が今まで持っていた中で最高です。おいしい 良いとコペンハーゲンの価格を提供しています。 典型的なデンマークの「サンドイッチパン」(スプレッドの異なるライ麦パン)を探しているなら、この場所はもう少しだけです。季節ごとに最高の野菜を上手にアレンジしたプレートで受け取る「サンドイッチパン」。 古い城壁の水の隣にある素敵な環境。 良い雰囲気と素敵なスタッフ。 私たちはこの場所を喜んでお勧めし、また来ることを楽しみにしています。 おいしいデンマーク料理、魚のマリネ。 ちょっと硬いサービスならば良いとの興味深いワインリスト。 夏の訪れにおすすめの公園の端にあります。

Filini Restaurant : コペンハーゲンの口コミを読もう!

友人のウフから昼間に電話がかかってきたので、こちらの人がクリスマスイブをどう過ごすのかを聞いてみました。彼の今晩の行動です。 1。 まず、夜、親族家族で集まり(彼は奥さんの実家へ行ったみたいです。)、夕食をみんなで食べる。メインのメニューは、だいたいアヒルの丸焼きみたいです。 2。 そして、食後、みんなでクリスマスツリーを囲み、手をつないでデンマークの伝統的なクリスマスソングを歌う。 3。 その後、プレゼントの交換を行い、珈琲タイムになり、チョコレート、キャンディ、クッキーなどを食べる。 4。 午後11時ごろ、お開きになり、帰宅し、12時にサンピエトロ寺院のミサをテレビで見る。 やはり、今でもクリスマスツリーを囲み、手をつないで歌を歌っているのですね。この場面はロイヤルコペンハーゲンのクリスマスプレート(日本ではイヤープレートと呼ばれています。)年に描かれています。年から年までの5年間はクリスマスツリーに関わるストーリーになっており、 年:お父さんと子供でツリーを選んでいる場面 年:ツリーを家へ運んでいる場面 年:ツリーの飾り付けをしている場面 年:女の子がツリーの横の窓から外を覗きながらクリスマスを待っている場面 年:家族でツリーを囲んで歌を歌っている場面 です。1度見てください。  クリスマスイブは夕食が重要ですが、クリスマス当日の25日と翌日の26日は昼食が重要らしく、昼食時に家族を中心に親しい友人などが集まり祝うそうです。このときのメニューはコールドフードだそうです。  実は、このツリーを囲んで歌う歌を聴くことができました。私のフラットは3階にありますが、2階が3世代家族でなんと夜7時に歌声が聞こえてきたので、しばらく、静かに聴いていました。  結局、2曲歌ったみたいで、1曲目は、メリークリスマスと何回か聞こえたので、英語の歌かもしれません。2曲目はデンマーク語みたいでした。しかし、家がこんなに遮音が悪いとは思いませんでしたね?

ディスカッション