専門家

大阪府・夢洲のカジノ(IR)誘致まとめ【2019年版】

ベット額を上げたらカジノ入場制限 - 55533

初めてのラスベガス?

参考サイト: 外務省海外安全情報 在シンガポール日本国大使館。 シンガポールのランドマーク的な存在である、 マリーナベイ・サンズ 。シンガポール初の政府公認カジノとして、オープンから現在に至るまで多くのプレイヤーから人気を集めています。 シンガポールの南に位置する、セントーサ島。 リゾート・ワールド・セントーサ の、クロックフォード・タワー内地下1階にあるカジノです。

シンガポールで必見のカジノをご紹介!

やっぱりカジノといえばラスベガス。 これは未だに普遍的なイメージでしょう。 そんなラスベガスのカジノへ行くにしても、「初めてだからめっちゃ不安なんですけど。」 「カジノって独特のルールなんでしょ?ラスベガスだから綺麗なドレスが必要なんでしょ??」 とお思いの初心者の方もいらっしゃるでしょう。でもちょっと待ったです! ラスベガスでも昔とは全然違っていて、今は誰でも簡単に楽しめるものとなっています。 そういった不安や疑問を一気に解消できればと考え、このページではラスベガスのカジノについてのルールや遊び方をズラッとまとめてみました。 初めてラスベガスのカジノへ行く方は、その前にぜひ参考にしてみてください。 きっと何かの役には立つと思います。 ラスベガスへ行った際、日本円からドルへ両替するのは常識ですね。 もちろん日本で両替するのもアリですが、それよりも現地で両替したほうがちょっぴりお得です。 まず空港での両替所。ラスベガス空港には第2ターミナルに両替所があるのですが、ここのレートはラスベガス内でもすこぶる悪いです。 1ドル買うのに、平均して10~14円程度高いことがあります。 もっともレートが有利に働くのは、やはりカジノの両替所。 カジノの両替所は、空港とは違ってサービスの一貫。なので、それほど人件費や場所代もかからないので、手数料も低く見積もることができます。 もっとも良いとされるのは「ベラージオ」。 ベラージオは、ラスベガス内でも一番レートが低く、空港と比較して大体10円くらい低いです。 カジノで使える通貨はドルが基本です。 そのためドルでの軍資金をどれだけ確保できるかが、ラスベガスのカジノを楽しむためのポイントとなります。 ちなみにラスベガスの空港やカジノにある両替所で表示されているレート表示は、「1ドル何円」ではなく、「1円何ドル」という計算となっています。 読み方はその数字を逆算すると、「1ドルいくら」というような読み方になります。 この疑問は意外と多いのですが、常識的に考えて英語のほうが一般的です。 確かにカジノホテルでは、スタッフやホスト、ジャンケットなど多数の日本語対応の従業員がいますが、実質VIP相手であることが多いです。 あとは、コンプ(特別招待で)が多い常連客などの専属だったり。 なので、基本的にはカジノでもホテルでも、英語を使ったほうがいいでしょう。 しかし近年では、一般のゲスト相手でも親切に対応してくれる日本語スタッフが増えてきています。 一昔前は電話での問い合わせもアメリカ人スタッフが対応していましたが、今では普通に日本人スタッフが対応してくれる場合も。 とにかく、行く前に一度滞在予定のカジノホテルへ問い合わせて見ることが大事です。 カジノレッスンとは、その名の通りカジノでの立ち振舞やルール、マナーなどをレクチャーしてくれる、体験教室のようなもの。 ラスベガスのカジノでは、本物のディーラーによる丁寧な指導で、初心者でも安心してカジノを楽しめるように、毎日決まった時間に開催しています。 ほぼすべてのカジノホテルで、無料のレッスン教室が開かれているので、一度パンフレットやガイドブックを参照してみましょう。 また、フラミンゴホテルでは、日本人ディーラーによる日本語での無料カジノレッスンが行われていて、特に初めてラスベガスを訪れる日本人には好評となっています。 しかもこのレッスンに夫婦で参加すると、カジノ内で使えるチップが50ドル分、無料で貰うことができます。 ちなみにフーターズでも「日本人による日本人のためのカジノレッスン」が行われていましたが、現在では終了しているので、今のところ日本語でカジノレッスンを受けられるのは、このフラミンゴホテルのみとなっています。他のホテルでもチェックしてみましょう。

シンガポールのカジノの入場規制は?

SNK ART. ver HI-UPver SNK NET. YAHOO. JAPAN.

ディスカッション