専門家

パチスロのユニバーサルE、マニラでカジノ建設起工式

日本版カジノ侍ジャパンスロット - 18758

Legend Palace Casinoにて2019年11月30日から稼働開始

オンラインカジノの誕生とともに年創業。翌年には早くも日本進出。 完全日本語・スマホ対応、人気ゲーム、豊富なボーナスなどなど、うれしいサービスが勢揃い! 初心者からベテランプレーヤーまで、長年にわたり信頼され、支持され続けています。 オンラインカジノ業界で最も人気のオンラインギャンブル専門誌「ギャンブルオンラインマガジン(GOM)」からは、毎年行われている「一番好きなオンラインカジノ=最優秀オンラインカジノ賞」の人気投票においてインターカジノが6年連続でトップオンラインカジノ賞を獲得しています。 この賞は、オンラインカジノ界のオスカー賞とも言えるくらいの名誉である賞で、世界各国のユーザーがNo1カジノと認めた証です。 さらに、 日本のそれに匹敵する、日本の老舗情報サイト「オンラインカジノファン」が人気投票で行う「オンラインカジノファン大賞」も、6年連続受賞しています。 世界のプレイヤーでけでなく、日本のプレイヤーからも高く評価されていることがわかります。

Genting Singapore 20年度1Q EBITDA 110億円YoY半減~財務力強調 横浜RFP参加予定

株式会社ユニバーサルエンターテインメント は、 日本 の パチンコ 機や パチスロ 機、 ゲームソフト などの大手製造メーカーである。 パチスロ 機の大手メーカーで、ミズホ、エレコ、メーシー、アクロス [2] 、ユニバーサルブロスをあわせた6社で パチンコ ・ パチスロ 機の製造・販売を行っており、これら子会社のパチスロ機種も、「ユニバーサルブランド」として認識されている。また、エンターテイメント業界自体にも強みを持ち、映画・格闘技などのイベント主催・協賛などを数多く行う。 Run Run 」の日本版である年の「スーパーピエロ」が旧ユニバーサルブランド最後のビデオゲームとなった。 その後、アルゼ時代に再度 アーケードゲーム 市場に参入し、後述の「ぷらっとネット」対応作品や、買収した セタ のマザーボードである Aleck64 対応のタイトルを数作出すものの、再度撤退している。同じくコンシューマー機には主にパチスロ移植作品をリリースする目的で プレイステーション 後期にようやく参入し、精力的にパチスロシミュレーションゲームを世に送り出した。子会社の日本アミューズメント放送ブランドで発売された作品もある。それ以外のジャンルとしては ノーチラス (年12月に解散済)が開発した「 シャドウハーツ 」シリーズがあったが、アーケードゲーム業界から撤退と同時にコンシューマー作品のリリースが途絶えている。

日本版カジノ侍ジャパンスロット - 17542

Legend Palace Casinoにて2019年11月30日から稼働開始

新型コロナウイルス(COVID)についての会社側コメントは以下の通り。 ・影響は、1月後半から表面化し、3月末に向かって厳しさを増した ・政府サーキットブレーカー策で、Resorts World Sentosaは4月7日(カジノ部門6日)から6月1日まで閉鎖予定 ・営業停止は、さらに継続される可能性がある。再開した場合でも感染防止策は業況回復ペースを緩やかとしよう。 日本戦略についての会社側コメントは以下の通り。 ・強い財務力は、Resorts World Sentosaおよび海外への成長機会への取り組みを可能とする ・日本では、横浜市のRFCに参加済み。年後半の横浜市のRFPに参加予定 (会社は、年度決算発表後、日本におけるIR事業コンソーシアムを月に組成したいと述べた)。

ディスカッション