専門家

スマホで賭博「オンラインカジノ」に群がる闇世界の人々

限定出金富裕層スロット - 36314

このクリエイターの人気記事

オンカジのフランチャイズに 経済ヤクザが投資でそれなりに稼ぐ  実際に動き出している人間は、すでにいた。 「アジアの主要都市に行くと、様々なファンドの中で、オンラインカジノも投資先としてよく検討されている。ウチもそれほど大きな額ではないけど、ぼちぼち金を投げてるよ」  そう語るA氏は、中国や東南アジアに広くパイプを持つ人物。裏社会にも顔が利きながら人材派遣や投資事業まで手がける、いわゆる現代版「経済ヤクザ」と言っていいかもしれない。 「ただ、オンカジとカジノ誘致の話は別。リゾート型のカジノ運営は、基本、ユダヤマネーだからヤクザでも入り込めないし、旨味は少ない。どこの国も、カジノ周辺のハンドリングはマフィアがやるのが一般的で、女やネタ(麻薬)なんかを用意するわけだが、それは誘致された先を縄張りとしているヤクザの仕事だから先行きはまだ不明。オンカジの法整備も今後どうなるか不明だが、ビジネス的には化ける可能性がある」  A氏が投資しているのは、オンラインカジノの中でも比較的マイナーなライセンスのフランチャイズ。一昨年から試験的に運営をはじめ、この2年間で売り上げは「それなりに」立ち始めているという。 「結局、オンカジは玉石混交で、やり方次第なところがある。ヨーロッパのライセンスは審査基準も厳しくて値段も張るが、中米の安いいい加減なライセンスもあって、還元率をイジって異常に高くすることもできる。法的にはスレスレというかアウトだが、レートを高くして流行れば、裏カジはもちろんパチスロ愛好者のシェアも取れるかもしれない。他のオンカジ業者も絶対そこを狙ってるね」  そう。この国には、富裕層をターゲットにしたリゾートカジノの潜在層とは別に、パチンコ・スロット愛好者という20兆円市場が眠っている。オンラインカジノが広まっていけば、パチスロ愛好者の一部が、「スマホ1台でできるギャンブル」に流れることは想像に難くない。「闇スロ」の現場で、すでに兆候が見え始めているように。  まだ日本では、認知度すら低いオンラインカジノだが、「闇スロ」ならぬ「闇オンカジ」が世間を騒がせる未来はそう遠くないかもしれない。 最新記事 三井不動産に住友不が下剋上!強みの「ららぽーと」がコロナで窮地に 中小企業の戦いは「フェーズ2」へ、ウィズコロナ時代の生き残り術 メッシの年俸はJリーグ3チーム分!アスリートの「稼ぐ力」を分析 コロナで追い風の電動キックボード、公道での実証は今秋を目指す ジョブズ、チャップリン…偉人の「ポジティブ名言」いくつ知ってる? 最新記事一覧。

【銀と金2】30時間実践!ひりつく勝負がここにはある!【いそまるの成り上がり回胴録 家スロver#7】[パチスロ][スロット]


日本版カジノはどんな施設になる?

GIGAZINE シークレットクラブって何? By Thomas Hawk このほかにも、脳に直接作用するような仕掛けが現代のビデオスロットやポーカーマシンには施されており、プレイヤーは知らない間にやめたくてもやめられない依存症へと陥っていくというわけです。 プレイヤーがギャンブル依存症になるのは、ビデオスロットやポーカーマシンだけでなく、カジノにも問題があると指摘されています。カジノのビジネスプランは、旅行者のような一見の客ではなく毎日のように来るパトロンのようなギャンブル依存症のお客さんに基づいて作成されており、カジノ側でもパトロンにプレイさせ続けるためさまざまな戦略を練っているというわけです。

坂東太郎の最近の記事

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ライフ カジノが日本にやってくる! カジノ発祥の欧州、市場縮小が進むワケ 地方都市が目指すIRは、欧州から学べる。

ディスカッション