専門家

【ベトナム】ハノイでカジノ!初心者でもわかる遊び方と人気のカジノホテルを紹介

人気のトランプゲームベトナムカジノ - 21260

ハノイでおすすめのカジノを紹介

ホーチミン エンターテインメント・遊ぶ ホーチミン カジノ ベトナム エンターテインメント・遊ぶ ベトナム カジノ。 最初にご紹介するホーチミンで泊まりたい人気のカジノホテルは「レックス ホテル」です。レックス ホテルは、ホーチミンの市内の中心部に位置する老舗の高級カジノホテルです。フランス人のガレージとして20世紀頭に建設された建物を利用しており、どことなくヨーロピアンな雰囲気が流れています。ルーフトップバーやダイニングレストラン、スパにプールなども併設されており、豪華な滞在時間を送るとこができますよ。 エグゼクティブウィングの4階にあるスイートに泊まりました。 部屋からはホーチミン像のある広場が見下ろせ、人民委員会のライトアップが綺麗でした。 室内は広く2ルームあり、リビングルームからベッドルーム方面に向かうドアが素敵で、オートロックで厳重そうです。 家具・調度類もスイートに相応しいものでした。 朝食は、スイート客専用のエグゼクティブウィング2階にあるクラブラウンジで食べました。 そこも専用のキーで入って行き、かなり大きなダイニングにテーブルが4組だけ置いてありましたので、1日4組だけのようです。 その割には、たくさんの種類の食べ物が置いてあり、他に誰もいなかったので少し寂しかったのと、これらは残ったらどうなるのだろうと余計な心配をしながら、いただきました。(スタッフは何人もいます。) そこから見下ろせる中庭の方のダイニングには、たくさんの人が食事していましたし、外階段からそちらへ行けるので、そちらでローカルなフォーとか食べても良かったかもしれません。 エグゼクティブウィングではない方の部屋の評判が、そのままホテルの評価を下げているような気がして(確かにエグゼクティブ・ラウンジからは、中庭ごしに古めかしく見えます。)、エグゼクティブウィングを選択すれば、格式の高い優良なホテルで満足感が高いと思います。 なお、チェックイン時のフロント(中年女性)の英語は分かりにくく(ベトナムなまり?)、感じも今ひとつでしたが、アウト時のフロント(若い女性)の英語は分かりやすく、感じがとても良かったです。 これも人によるんだと思います。 立地は言うまでもなく最高です。

■ベトナムのカジノとは?

ベトナムでは国民はカジノが禁止されています。 外国人しかカジノはできないので、国籍を証明するためにパスポートの提示が必要です。パスポートがなければ来店できないので必ず持っていくようにしましょう。 キンマー地区の小道にひっそりと暖簾を掲げる「浪速割烹 㐂六庵」。京の持ち味、大阪の食い味と言われる通り、大阪は旨口に味付けする食文化があります。 日本食材はもちろんベトナムの新鮮な食材を使った創作料理も浪速割烹ならではの逸品でご提供致します。 ホーチミンの日本人が多く集うレタントンにお店を構えるお好み本舗「みやこ屋」。 赤と木を基調とした店内は、どこか温かみを感じさせ落ち着いて食事をすることができます。家族連れ、会社での宴会、友達との食事、ゴルフ帰りなど様々なシーンで利用できます。 ハン市場から徒歩5分、観光地として有名なダナン大聖堂の向かいにあるベトナム料理のレストラン。 コンセプトは「お母さんがつくったベトナム料理」。ベトナム人の家庭で食べられている家庭的なベトナム伝統料理をお召し上がりいただけます。 ホーチミンの日本人街・レタントンに佇む居酒屋「食酒空間 晴レ屋」。豊富な居酒屋メニューや定食メニューの他、宴会メニューも用意しているので大人数でも利用可能。おすすめは、晴れ屋名物骨付き鶏(12万ドン)。秘伝のスパイスと弾力のある歯ごたえが病みつきになります! 日本人シェフとソムリエの情熱とこだわりを味わえる炭火焼ステーキハウス「イル・コルダ」。 シェフ厳選の豪州産ブラックアンガスや豪州WAGYU、和牛A5等級まで幅広く揃え、炭火の香りと肉汁を逃がさない独自の焼成方法でしっとり柔らかに焼き上げます。 人気は厚切り牛タン炭火焼(38万ドン)とブラックアンガスリブアイステーキ(59万ドン)。 おまかせディナー(2名様〜)は万ドン〜。

ディスカッション