専門家

生命保険の還元率って競馬や宝くじより低いの?

返還率新世代ギャンブル - 18366

IR運営支えるカジノ収益

DMO・観光局 MICE・IR クルーズ デジタル・テクノロジー 宿泊施設 旅行会社 行政・自治体・観光関連団体 国内旅行 海外旅行 航空 訪日インバウンド 調査・統計・マーケティング。 コラム インタビュー 取材レポート 図解シリーズ 注目企業 WIT Japan 今日のメルマガ トラベルボイス 英語版 イベント 世界の天気 株価 為替レート。 HOME ニュース 日本独自のIR(統合リゾート)とは何か? 観光庁・秡川審議官に独自性から開業プロセスまで聞いてきた。 日本独自のIR(統合リゾート)とは何か? 観光庁・秡川審議官に独自性から開業プロセスまで聞いてきた 年11月21日 観光庁 IR。 メールに転送 このページを印刷。

かつてない巨大産業が誕生

Powered by リゾーム? 他の方もおっしゃってるように微妙な内容。取り方次第ともいえそう。 独立したFPと一口で言っても資格の種類、レベルで差も大きいので 参考までにももう少し詳しい筆者の情報も欲しいところですね。 保険は単純な金額比較だけでは不十分なのでは?宝くじと比較するのは論点のすり替えでは。 還元率、会社の安定性、事後サポートなど、それこそ「人生で二番目に高い買い物」ですから。 住宅だって単純な金額比較で買わないでしょう? 要は社内コスト、販管費にあたる金額を開示する業種なんて、無いんじゃないのか・・・? 自動車で言えば広告宣伝費や間接原価を、或る一つの車種ごとに分かる方法なんて存在しませんよね。 加えて、付帯を除いて本体の価格だけ教えてくれ、ってクルマなら汎用エンジンのコストを出して、シャーシや他パーツのコストを知る、のと同じ。 "可能"だけれど"無理"に感じます。 だから財務諸表から概算でみて、概ねこの会社の粗利や原価率はいくらだから・・・と推論するんじゃないかと。 開示すれば競争が進むかもしれませんが、それによるサービス低下も心配ですし、業界一致でボカす運用すれば、結局は「見えない化」が進むんじゃないかな。 窓口で聞けば教えてくれるのかどうか、も素人には分からないけど、もし教えてくれるとしても、それを複数社間で比較することは困難です。 筆者の理論を私が読み誤っているんだと思います(だってプロが記事としてるのだから)が、教授したい保険金額を満たすなら、それに対する自身の払込料との単純比較だけじゃダメなの? 付加保険料に対する費用対効果を基準とすると、きっと保険金額は満たしませんよね(例示の通り)。 他に投資運用すれば・・というのだって損する可能性も十分あることは、様々なところでの異論と同じです。 生命保険は、不幸が発生するのに賭けるギャンブルなので、競馬や宝くじと比較するのは間違いではない。実際に、保険の約款をよく読むと100倍型とか10倍型とか、競馬のオッズか宝くじの当選金のような表現がされているので、基本的な仕組みは大差ないと思う。競馬や宝くじも、収益金は公共性があるので、共済の意味での生命保険と同じ部分はある。 ただし、生命保険の場合、満期型と掛け捨て型で、還元率は単純に比較できない。医療等の特約を除けば、期限(満期)までに死亡しなければ自分の負けで、運良く(?)死ねば自分の勝ちとなり、免責期間を除いて早く死ぬほどオッズは高くなり、宝くじぐらいの倍率にはなる。掛け捨て型では、競馬と同じで負ければ何も残らないが、満期型では、積立部分があるので、手数料と共に運用益が発生するので、一概には比較できないと考える。運用先がなければ、利益は出ないどころか、生命保険会社が倒産するリスクもあるからである。 変額保険が発売された頃は、馬鹿な商品を考える奴がいるなと思っていたが、バブルでインフレの時代であったので、当時はそれなりの意味はあったのであろう。当時の受け取り金利(配当)は、今の借入金利の何倍もあったので、普通の保険でも十分お宝(逆ザヤ)保険となることは、普通に予想できた人もいたと思われる。

日本独自のIR(統合リゾート)とは何か? 観光庁・秡川審議官に独自性から開業プロセスまで聞いてきた

Let's Go.

ディスカッション