専門家

元ハイローラーが語るカジノ法強行成立の愚

ルールカジノ債務調査 - 35451

●カジノとハイローラーの取材

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

●元ハイローラーが語る「我がカジノ人生」

賭博負債 英語ではGambling Debtという とは、賭博行為をする顧客の為に金銭を貸し付けた場合の借入人たる顧客にとっての債務のことをいう。如何なる国においても、カジノの運営を担う施行者以外の第三者が、カジノ場において、顧客に金銭の貸付をすることは禁止行為となる(通常の場合、一種の無担保融資となる高利貸しで、極めて高い金利を後刻要求されることになることが通例である。これをローン・シャーキングという)。但し、規制機関の許諾を得た施行者や規制機関が認める特定の主体がかかる特定の顧客に対する与信をすることを認める慣行が諸外国には存在する。勿論これは一国の事情次第で様々な考え方があり、必ずしも一様ではない。 カジノ・ハウスによる貸付 クレジット とは、単純に賭博をしている顧客に対し、(資金がなくなったから)貸付を実行するという行為ではない。顧客が、現金を持ち歩きカジノに行くのではなく、予め一定の与信枠をカジノ・ハウスからもらい、この枠組みの中でチップの貸付を受けるという形で、顧客の利便性を向上させる行為になる(チップは現金と同等であり、顧客が勝てば返済原資はあるが、負けた場合には、借りたチップ相当分の現金は後刻顧客がこれをカジノ・ハウスに返済することになる)。貸付は目の前にある現金ではないために、顧客による賭博へののめりこみを助長すると共に、顧客の賭博依存症的性向を助長しかねない側面があると通常判断されている。これが為に、国によっては、カジノハウス(施行者)による貸付行為を厳格に全て禁止する国(例:スイス)もあれば、この考えを差別的に適用し、VIPや海外顧客に関してのみ、あくまでも施行者(カジノ・ハウス)のリスク負担にて与信を認め、通常の一般国内顧客に対しては認め無いとする国もある(例:シンガポール)。あるいはかかる事項は明らかに施行者の自主判断に委ねるべきで規制すべきではないという国・地域も多い(例:米国の多くの州)。尚、米国ネバダ州では、現金を持ち歩かず、予めカジノに一定の与信枠を申請し、後刻精算することを前提にチップを借りて遊ぶ顧客が、何と過半を占める。このためにゲーム関連専門の与信調査会社が存在し、24時間以内に、特定顧客の与信可能性を評価する仕組みが存在する。また、実際の貸付は現場でマーカーと呼ばれる確認書にサインすることでチップが貸与されるのだが、ネバダ州法ではこれは小切手と同等の効果があると規定されており、顧客が一定期間のユーザンス期間内に支払わない場合には、このマーカーを買い取りに出すことができる(即ちカジノ・ハウスにとり、この場合の与信とは、チップを小切手で支払を受けたに等しく、単に小切手を一定期間、買い取りに出さないということと効果は同じになる)。 IR*ゲーミング学会とは 入会案内 活動情報 IR*ゲーミング学研究 ニューズレター IR*ゲーミング コラム お問い合わせ。

ディスカッション