専門家

佐野淳哉「全日本選手権の優勝で得た、栄誉よりも大切なもの」

勝った後の税ウィールオブフォーチュン - 17242

Otros Servicios

ニュース フィーチャ ショップ イベント。 現在地 ホーム。

ケン・ジェニングス - Wikipedia

キノ Keno。 Yggdrasil ユグドラシル。 Quickspin クイックスピン。 NetEnt ネットエント。 iSoftBet アイソフトベット。 GameART ゲームアート。

世界の名馬列伝集: マークオブディスティンクション

また、クレイボーンファームは、 ジョンズタウン 、 ラウンドテーブル 、 ボールドルーラー 、 ケルソ 、 バックパサー など米国競馬史上に名を残す名馬を生産してきたが、他者の所有となった生産馬がケンタッキーダービーを勝った事はあったけれども、馬主としてケンタッキーダービーを優勝した事は過去に無く(ここに掲げた馬の中でケンタッキーダービーを勝ったのはジョンズタウンのみで、その馬主はウィリアム・ウッドワード卿であった)、本馬により悲願の勝利を達成した。そのためにクレイボーンファームの人々の喜びようは半端ではなく、直前まで本馬の調整を担当したグリフィン氏は「全てはスウェイルに始まってスウェイルに終わります」と言いながら、クレイボーンファームの代表者セス・ハンコック氏達とシャンパンを酌みかわした。また、本馬鞍上のピンカイ・ジュニア騎手は過去にケンタッキーダービーに10回参戦して全て敗れており、11度目の挑戦で念願の初優勝となった(結果的にはこれが彼にとって唯一のケンタッキーダービー制覇となった)。また、ケンタッキーダービーの前夜にようやく退院したスティーヴンズ師にとっては、1974年のキャノネイドに次ぐ2度目の同競走制覇だった。 スタートが切られるとインコースから発走したプレイオンが先頭を伺ったが、本馬が外側からそれをかわして先頭に立ち、そのまま2番手のプレイオンや3番手のゲートダンサー達に1馬身ほどの差をつけて逃げを打った。最初の2ハロン通過は24秒8、半マイル通過は49秒75であり、自分のペースで逃げることが出来ていた。そのままの態勢で三角に入ると、後続馬との差を徐々に広げ始めた。そして2馬身ほどの差をつけて直線に入ると、溜めていたスタミナを活かして二の脚を使い、2着パインサークルに4馬身差、3着モーニングボブにはさらに3馬身差をつけて完勝した。スティーヴンズ師とピンカイ・ジュニア騎手はいずれも、一昨年の同競走を コンキスタドールシエロ で、前年の同競走をカヴィアトで勝っており、これでベルモントS3連覇を果たした(スティーヴンズ師はさらに翌年の同競走をクレームフレーシュで、翌々年の同競走もダンチヒコネクションで勝ち、5連覇まで記録を伸ばした)。 父 シアトルスルー は当馬の項を参照。なお、本馬は父の2年目産駒であるが、シアトルスルー産駒は初年度産駒ランダルースが2歳時に急死するなど活躍馬の早世が相次ぎ、当時はシアトルスルー産駒にはそうした遺伝的な要素があるのではないかと実しやかに囁かれたという。

ディスカッション