専門家

IR事業者とは? 巨大施設で集客、利益はカジノから

で稼ぐた横浜市がカジノ - 31767

この記事が入っているマガジン

先週(年)2月14日(金)に 港北公会堂 で開かれた カジノを含んだ統合型リゾート 「 IR (アイ・アール=Integrated Resort=インテグレーテッド・リゾート)」の 市民説明会 における、横浜市側の説明内容や質疑応答、会場内での発言内容を テキスト化 したものを2回に分けて掲載します。 カジノを含んだ統合型リゾート「IR」については、 昨年(年)8月に横浜市が誘致の方針 を正式に打ち出したことから、全18区で設定された市民説明会。 市内18区で最大の人口を持つ 港北区ですが、市長ら市幹部がIRについて直接説明する機会は初めて であり、参加者が客席から相次いで発声を行うなど、市民説明会自体の内容を 客観的に伝え、記録に残しておくことがIRの賛否を判断するうえで重要 であるとの考え方から、当日の発言内容を文字の形で可能な限り再現しました。 客席からの発言 については、判然としない発声が多く、 聞き取れたものだけその内容を記載 しました。聴き取れなかった発声は、それがあったことのみを記載しています。 また、 市長の説明 についても、 自らの言葉で若干早口で喋った部分 が多く、客席からの発声と重なったり、判然としない点もあったりしたことから、 不明点はその旨を記載 しました。 なお、港北区での開催を前に、横浜市は昨年12月4日の中区を皮切りに、今月2月11日までに、神奈川区、西区、金沢区、鶴見区、磯子区、南区、旭区、保土ケ谷区、港南区、緑区の 全11区で市民説明会を開催済み となっています。

で稼ぐた横浜市がカジノ - 22912

カジノは百害あって一利なし 作るならカジノ抜きのIRを

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。 拡大する ギャラクシー・エンターテインメント・グループの「ギャラクシー・マカオ」。 拡大する MGMリゾーツ・インターナショナルの「ベラージオ」。

このクリエイターの人気記事

横浜市が誘致を表明しているカジノを含む統合型リゾート IR)には反対だ。年参院選から神奈川選挙区の議員となり、横浜港の再生に関わることになった。その頃、国会で日本にカジノを作ろうという動きが活発化すると、林文子市長は「興味がある」と言うようになった。その後の17年市長選では「白紙」といって濁したが、19年8月になって手のひらを返したようにカジノ誘致を表明した。この林市長の言動への反発もあって、カジノ反対の声は大きく広がってきた。 デジタル毎日申し込み ログイン。 トップ 新着記事 記者コラム テーマ特集 タイムライン 寄稿者 モデレーター・記者 連載一覧 政治プレミアとは。

ディスカッション